本文へスキップ

自衛隊って?そんな疑問にいつでもお答えします♪

お問い合わせ
〒950-8627 新潟市中央区美咲町1丁目1番1号 新潟美咲合同庁舎1号館7階
TEL:025-285-0515 E-mail:
pr1-niigata@pco.mod.go.jp →資料請求

本部長の部屋boss room

 新潟地方協力本部ホームページをご覧頂きありがとうございます。

 平成29年3月23日付で自衛隊新潟地方協力本部長に着任しました小薗井(おそのい)と申します。よろしくお願いします。

 簡単に自己紹介させて頂きますと、出身は、新潟県からは長野県を挟んだ太平洋側の愛知県で高校卒業まで「車の町」で知られる豊田市で過ごしました。高校卒業後、防衛大学校に入学・平成5年3月に卒業、以来、東京都練馬区、神奈川県横須賀市、埼玉県朝霞市(第301輸送中隊長)、青森県青森市、神奈川県横浜市、東京都新宿区、北海道千歳市(第7後方支援連隊長)において勤務して、今回、新潟県に赴任致しました。

 出身、勤務歴からもおわかりの通り、新潟県は初めて勤務し居住する地域です。土地勘もないために若干の不安を抱えながら私が新潟地方協力本部に初出勤した際、新潟地方協力本部で勤務している隊員達は私を温かく迎え入れてくれました。また、着任以降、新潟地方協力本部と連携・協力関係のある官公庁や各種協力団体の皆様と公私共々お付き合いさせていただいておりますが、皆様親身に接してくださいまして、新潟県・皆様の「温かみ・人情」を常日頃感じているところであります。

 自衛隊は「わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つこと」を任務とする組織ですが、同時に「日本、地域の発展のために貢献し得る人材」を育成する組織でもあります。入隊した隊員は、任期付自衛官であれば入隊数年後から逐次退職時期(定年まで勤務することも可能)を迎え、非任期自衛官は53歳以降、一般企業等よりも比較的早い時期から定年退職時期を迎えますので、任務を全うするための日々の教育訓練・勤務等を通じて養った資質や各種知識・技能を身につけた頼もしい隊員達を逐次、国・地域にお返しすることとなります。

 新潟地方協力本部は、新潟県における自衛官等の募集や退職自衛官の就職援護、自衛隊の広報等を任務とし、自衛隊に入隊を希望する方々へのお手伝いや自衛官として培った資質及び技能等を有した人材を就職援護を通じて新潟県等にお返しする業務等を実施しています。

 国・新潟県のために実施しております我々の業務をご理解いただきますとともに、引き続き皆様の御厚情いただければ幸甚であります。

 このホームページにおいては、新潟県内の自衛隊の活動や隊員達の素顔のほか、新潟地方協力本部で行うイベントや自衛官等の募集情報等をお知らせしていきたいと思います。また、本コーナーでは様々な活動内容を紹介する「新潟地本新聞」も掲載していきますので、今後とも応援宜しくお願い致します。


自衛隊新潟地方協力本部長 1等陸佐 小薗井 明裕


とちお祭で自衛隊をPR NEW
隊員自主募集説明会
燕市自衛隊家族会定期総会
島の駐在員事務所
隊員に自主募集依頼
「掃海艇のとじま」艦艇広報
「多用途支援艦ひうち」艦艇広報
「見附市自衛隊協力会総会」を支援
「ひゅうが」での「高校教諭等
連絡会議」開催

ブルーインパルス展示飛行に
15万人が魅了

護衛艦ひゅうが艦艇広報
新潟県自衛隊協力会定期総会を支援
平成30年度 予備自衛官補
辞令書交付式

募集解禁

自衛官等募集広告デザイン
優秀作品表彰式

P-3C体験搭乗

職業説明会で自衛隊をPR
陸上自衛隊中央音楽隊演奏会
陸上自衛隊中央音楽隊による楽器
指導会 生徒に吹奏楽の魅力を伝える
予備自衛官5日間招集訓練を支援
早朝の射撃検定、朝から厳正な空気に
新潟地本、今年度初の予備自衛官
5日間招集訓練を支援
体験搭乗を通じて自衛隊をPR

即応予備自衛官雇用企業主等研修

ミサイル艇「はやぶさ」艦艇公開で
海上自衛隊をPR





本部長の部屋 バックナンバー

(1〜20) (21〜43) (44〜70)










INFORMATION・各種コーナー