本文へスキップ

自衛隊って?そんな疑問にいつでもお答えします♪

お問い合わせ
〒950-8627 新潟市中央区美咲町1丁目1番1号 新潟美咲合同庁舎1号館7階
TEL:025-285-0515 E-mail:
pr1-niigata@pco.mod.go.jp →資料請求

本部長の部屋boss room

 新潟地方協力本部ホームページをご覧頂きありがとうございます。

 この度、3月23日付で自衛隊新潟地方協力本部長に着任しました小薗井(おそのい)と申します。よろしくお願いします。

 簡単に自己紹介させて頂きますと、出身は、新潟県からは長野県を挟んだ太平洋側の愛知県で高校卒業まで「車の町」で知られる豊田市で過ごしました。高校卒業後、防衛大学校に入学・平成5年3月に卒業、以来、東京都練馬区、神奈川県横須賀市、埼玉県朝霞市(第301輸送中隊長)、青森県青森市、神奈川県横浜市、東京都新宿区、北海道千歳市(第7後方支援連隊長)において勤務して、今回、新潟県に赴任致しました。

 出身、勤務歴からもおわかりの通り、新潟県は初めて勤務し居住する地域です。土地勘もないために若干の不安を抱えながら私が新潟地方協力本部に初出勤した際、新潟地方協力本部で勤務している隊員達は私を温かく迎え入れてくれました。また、着任後から新潟地方協力本部と連携・協力関係のある官公庁や各種協力団体の皆様にご挨拶させて頂いておりますが、皆様丁寧に接してくださいまして、新潟県・皆様の「温かみ・人情」を感じているところであります。

 自衛隊は「わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つこと」を任務とする組織ですが、同時に「日本、地域の発展のために貢献し得る人材」を育成する組織でもあります。入隊した隊員は、任期付自衛官であれば入隊数年後から逐次退職時期(定年まで勤務することも可能)を迎え、非任期自衛官は53歳以降、一般企業等よりも比較的早い時期から定年退職時期を迎えますので、任務を全うするための日々の教育訓練・勤務等を通じて養った資質や各種知識・技能を身につけた頼もしい隊員達を逐次、国・地域にお返しすることとなります。

 新潟地方協力本部は、新潟県における自衛官等の募集や退職自衛官の就職援護、自衛隊の広報等を任務とし、自衛隊に入隊を希望する方々へのお手伝いや自衛官として培った資質及び技能等を有した人材を就職援護を通じて新潟県等にお返しする業務等を実施しています。

 国・新潟県のために実施しております我々の業務をご理解いただきますとともに、引き続き皆様の御厚情いただければ幸甚であります。

 このホームページにおいては、新潟県内の自衛隊の活動や隊員達の素顔のほか、新潟地方協力本部で行うイベントや自衛官等の募集情報等をお知らせしていきたいと思います。

 今後とも応援宜しくお願い致します。


自衛隊新潟地方協力本部長 1等陸佐 小薗井 明裕


No 1 地域へのご挨拶
No 2 防衛大学校入校式
No 3 自衛官候補生入隊式
No 4 高田駐屯地創設67周年記念行事
No 5 自衛隊新潟地方協力本部内視察
No 6 新潟県自衛官募集相談員連合会定期総会及び
     連合会設立15周年記念祝賀会
No 7 ゴールデンウィーク
No 8 新発田駐屯地開設64周年及び第30普通科連隊
     創設55周年記念行事
No 9 平成29年度新潟県自衛隊援護協力会定期総会
No10 平成29年度新潟県自衛隊家族会定期総会
No11 海上自衛隊東京音楽隊新潟コンサート
No12 新潟県自衛官募集相談員新潟支部新潟市議団の
     皆様への防衛講話
No13 予備自衛官表彰式等
No14 自衛官候補生課程修了式
No15 平成29年度新潟県自衛隊協力会定期総会
No16 平成29年度新潟県隊友会通常総会
No17 東部方面総監視察受け
No18 平成29年度自衛官募集事務市町村担当課長
     会議及び「防災型コミュニティ・スクール
     (熊本県)」のご紹介
No19 護衛艦「まつゆき」新潟西港へ来港
No20 ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」


No20 ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」

 7月26日(水)に、新潟の夏の風物詩、そして越後三大花火の一つである「ぎおん柏崎まつり『海の大花火大会』」を観覧して参りました。

 花火大会を観覧するのは何年振りでしょうか。覚えてないぐらい前以来です。噂には聞いておりましたが、実際に打ち上げられる花火の「美しさ」「規模」「演出」に圧倒されっぱなしで、大変感動いたしました。

 特に、「大海中空スターマイン」「尺玉100発一斉打上」「ワイドスターマイン+三尺玉」「尺玉300連発」等は写真に収めようとしましたが画面に収まりきれない程の大迫力で「中越沖地震」から復興を遂げられた柏崎市民の皆様の強い意思、力強さのようなものも感じました。

 今後も「復興のシンボル」としても花火を打ち上げ続けていただきたいと思います。


No19 護衛艦「まつゆき」新潟西港へ来港

 7月22日(土)及び23日(日)に海上自衛隊の護衛艦「まつゆき」が新潟に来港し、自衛隊新潟地方協力本部は、新潟市自衛隊協力会、各種協力団体の多大なるご支援・ご協力を得て「まつゆき」の一般公開を含めた艦艇広報を実施しました。

 23日(日)は、生憎の雨模様となりましたが、護衛艦に乗り込み装備品等を間近で見ることができる一般公開は両日で約2,700名の来場者(乗艦者)があり、ご来場された方々に、国防のため第一線で活躍する護衛艦及びその乗組員である海上自衛官の勇姿をご覧頂くことができました。

 22日(土)には、新潟市自衛隊協力会主催で多数のご来賓のご臨席のもと「入港歓迎行事」及び「入港歓迎レセプション」が実施され、第14護衛隊司令、「まつゆき」艦長をはじめとする乗組員の歓迎及び慰労がなされ、併せて地域の皆様との連携強化を図ることができました。

 また、一般公開時には陸上自衛隊第30普通科連隊による自衛隊車両展示や、航空自衛隊新潟救難隊の救難捜索機U-125Aによる航過飛行が実施され、イベントに華を添えてくれました。

 一人でも多くの皆様が自衛隊という組織をご理解され、職業として選択していただければと思います。自衛隊新潟地方協力本部は、来年度も新潟西港において艦艇広報を実施予定ですので楽しみにしていてください。


No18 平成29年度自衛官募集事務市町村担当課長
     会議及び「防災型コミュニティ・スクール
     (熊本県)」のご紹介

 7月21日(金)に実施されました平成29年度自衛官募集事務市町村担当課長会議に参加いたしました。冒頭、新潟県市町村課長が「自衛官募集事務の重要性」等について御挨拶され、続いて私から「昨年度の募集協力に対するお礼」「現在わが国を取り巻く安全保障環境」「国土防衛における自衛官募集の重要性」「自衛官一人の価値」「引き続きの募集協力依頼」等の内容で挨拶させていただきました。

 自衛官募集は防衛省・自衛隊のみの力では成り立たず、地域の方々の自衛隊の活動や重要性に関するご理解・ご協力、国・地方自治体・学校・各種協力団体等との連携による組織的な募集が特に重要です。

 また、今年度熊本県が主催する「防災型コミュニティ・スクール」について紹介させていただきました。「防災型コミュニティ・スクール」とは防災拠点であり、避難所として使用される体育館において、学校職員、市町村行政、近隣の小中学校等、保護者、自治会長、自衛隊・警察・消防等が一同に会して、「熊本地震を経験した児童生徒の学習意欲及び防災意識の高揚と、地域一体となった災害時の連携体制の構築」を目的として認識共有を図るものです。

 本取り組みは、熊本地震の教訓を踏まえ、地域住民の生命を守るため、そして地域防災体制を確立する上で極めて実効的な取り組みだと思います。是非とも新潟県においても実施していただけるとありがたいと思っております。

 今後とも、県・市町村・自衛隊等との連携の下、わが国の平和と独立を守り、安全を確保するためにも必要な人的基盤・地域防災基盤を整えていきたいと思います。一人でも多くの入隊をお待ちしております。


No17 東部方面総監視察受け

 7月12日(水)及び13日(木)に、東部方面総監の視察を自衛隊新潟地方協力本部の高田地域事務所及び柏崎地域事務所が受察しました。

 当初、私から新潟地方協力本部の現在の募集環境、県・市町村、学校及び各種協力団体との連携状況等の全般状況を報告するとともに、各地域事務所長から地域の状況等について報告させ、方面総監から各種示唆を頂くとともに、平素歯を食いしばっている広報官等を個人ごと労っていただき、募集最盛期の業務に向け大きな弾みとなりました。

 夜の意見交換会は、新潟県自衛隊援護協力会会長を始め、妙高高原自衛隊協力会会長、自衛隊家族会上越支部長、自衛官募集相談員連合会高田地区支部長、隊友会上越支部長、高田自衛隊員を応援する会会長のご臨席を得て実施され、地域の皆様と防衛省・自衛隊との連携は以前にも増して強固なものとなりました。

 引き続き、新潟県民の方々との連携を大切にし、わが国の平和と独立を守り、安全を確保するために必要な基盤となる自衛官募集活動に汗を流したいと思います。

 7月1日より、来春卒業を迎える高校3年生の自衛官採用試験の受付を開始しております。志のある皆様の志願をお待ちしております。


No16 平成29年度新潟県隊友会通常総会

 7月2日(日)に、三条市で行われました新潟県自衛隊隊友会通常総会に参加して参りました。

 防衛講話において、講師として「熊本地震と自衛隊」の演題で、「現役隊員へのDNAの継承状況」、「各種事態対応において重要な事項」、「国土防衛における募集の重要性」等について講話をさせていただき、各種事態対応時等における自衛隊と地域との連携の要である隊友会の重要性を改めてご確認いただきました。

 懇親会においては、隊友会長をはじめ、隊友会の皆様等と「三條金物太鼓」の演奏を聴きつつ地元のおいしいお酒を酌み交わしながら懇親を深めさせていただきました。隊友会の皆様を通じた地域との更なる連携によるわが国防衛の更なる実効性の向上を祈念しております。


No15 平成29年度新潟県自衛隊協力会定期総会

 6月27日(火)、新潟県自衛隊協力会定期総会に参加して参りました。

 防衛講話において、講師として「日本の周辺情勢と自衛隊の体制」の演題で、最近マスコミをにぎわせている「日本の周辺国の情勢」、「『25防衛計画の大綱』・『26中期防衛力整備計画』の概要」、「国土防衛における募集の重要性」等について講話させていただきました。会員の皆様方は真剣かつ熱心に聞いて下さり、国土防衛、国家安全保障への関心の高さを改めて伺い知ることができました。

 昼食会においては、ご来賓の国会議員の先生方や協力会の皆様等とお酒を酌み交わしながら意見交換や懇親を深めさせていただきました。自衛隊協力会の皆様との更なる連携強化を図ってまいります。


No14 自衛官候補生課程修了式

 6月24日(土)、25日(日)に、高田駐屯地及び新発田駐屯地で行われた第8期自衛官候補生課程修了式に参列しました。

 着隊した当初は、ややあどけない表情であった自衛官候補生諸君は、入隊式終了後からの約3ヶ月の教育訓練により、わが国の平和と独立を守る自衛隊の任務を遂行し得る基礎を身に着け大変逞しい容姿・表情となっておりました。修了式に参加されたご家族の方々皆様も立派に成長されたご子息の姿に感動されていらっしゃいました。

 修了式において祝辞を述べさせていただく機会があり、先輩自衛官として「国家の緊急事態において、即応性をもって国のため、地域のため、家族・友人・恩師等のために任務を遂行し得るよう自衛官として更に力をつけてもらいたい。」と激励の言葉を贈らせてもらいました。
 国民に愛され、頼られる立派な自衛官に成長することを祈念いたします。


No13 予備自衛官表彰式等

 6月10日(土)、17日(土)に、高田駐屯地及び新発田駐屯地において、予備自衛官に対する永年勤続表彰及び上限年齢退職者への東部方面総監からの顕彰状の伝達を実施しました。

 永年勤続表彰は5年・10年勤続者4名に対して、上限年齢退職者への顕彰状の伝達は6名に対して実施しました。特に、上限年齢退職者の中には通算41年3ヶ月もの長きに渡り全ての訓練に出頭された方もおり、長年のご功績に対して感謝と敬意を表させていただきました。

 予備自衛官は、国家の緊急事態において防衛力を迅速に拡充し得るため、国家防衛上の重要な役割を持っています。先の熊本地震においては、実に約160名の即応予備自衛官が緊急招集され、各種能力を存分に発揮し大活躍しました。

 これからも、現役予備自衛官の者には国家の緊急事態に備えるため「予備自衛官としての誇り」を堅持して訓練に精励するとともに仕事等との両立を図っていただきたいと思います。また、本人の意思と雇用企業様のご理解により、一人でも多くの予備自衛官への転身を祈念しています。


No12 新潟県自衛官募集相談員新潟支部新潟市議団の
     皆様への防衛講話

 6月13日(火)に、新潟県自衛官募集相談員新潟支部新潟市議団の皆様に対し防衛講話を実施させていただきました。

 新潟市議団の方々は、議会後のお疲れの中でありましたが、最近マスコミをにぎわせている「日本の周辺情勢」等の内容を真剣かつ熱心に聞いて下さいました。市議団の皆様の国土防衛、国家安全保障への関心の高さを伺い知ることができ、わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つことを託された者として改めて身が引き締まりました。

 講話の後半に「自衛隊の組織維持の重要性」や「自衛隊は人を育てる人材育成組織でもあり、20代前半で任期を終えた隊員や50代前半で定年退職した隊員達は、在職間に身に着けた識能や資格等を活かして、即戦力として企業や公官庁等で地域・国のために大活躍している。」旨を付言させていただき、ご理解をいただきました。

 新潟市議団の皆様の発信力をもって、自衛隊の重要性や優れた人材育成能力を子育て世代の親御さんや将来の日本・地域を背負って立つ若者に伝えていただければ幸甚です。志を持つ若者の自衛隊への入隊を心待ちしております。


No11 海上自衛隊東京音楽隊新潟コンサート


 5月26日(金)〜28日(日)の3夜連続で、新発田市(新発田市主催)、三条市(三条市・新潟地方協力本部主催)、新潟市(新潟地方協力本部主催)において海上自衛隊No.1の実力を誇る海上自衛隊東京音楽隊による演奏会を主催・協力させていただきました。

 コンサートは、聴かせる演奏と歌、楽しませる演奏等が巧みに構成されており、迫力とともに大変感動的な内容でした。特に隊長のコミカルな動き、各隊員による技術の高いソロ演奏、会場を飲み込む歌姫・男性ボーカリストの美声が印象的でした。感動のあまり涙をながされている来場者の方も多数いらっしゃいました。最終日の新潟市においては、コンサートの後半から新潟大学管弦楽団の皆様が東京音楽隊とともに演奏してくださり、コンサートに色を添えてくれました。

 また、サービス精神旺盛な東京音楽隊は、コンサートの合間を活用し、各市内にある中学校の吹奏楽部に対し演奏指導も実施してくださいました。プロのレッスンを受ける中学生の目は大変輝いており、将来が楽しみだと感じました。
 今回の海上自衛隊東京音楽隊コンサートや演奏指導を通じて地域の皆様に自衛隊を身近に感じていただけたのではないかと思います。自衛隊は音楽の技術を活かして国際社会・国・地域に貢献できるところでもあります。数多くの方の自衛隊への入隊を心よりお待ちしております。


No10 平成29年度新潟県自衛隊家族会定期総会

 5月23日(火)に、新潟県自衛隊家族会定期総会に参加して参りました。懇親会において挨拶させていただき、「平素からのわが国の防衛と自衛隊の任務に対する深いご理解と絶大なるご支援をいただいていること」「家族会の皆様のご子息・ご息女の自衛官としての献身的なご功績」に対しまして御礼を申し上げさせていただくとともに、「今後とも変わらぬ自衛隊・隊員に対する応援・ご支援」をお願いさせていただきました。

 懇親会では、ホテル日航新潟の30階からの日本海・信濃川・新潟市内を一望できる素晴らしい眺望のもと早川家族会会長をはじめ、家族会の皆様、日頃家族会を支援いただいている協力者の方々と美味しいお酒とともに懇親を深めさせていただきました。
 会長を核心としました新潟県自衛隊家族会の更なるご発展と会員の皆様のご健勝を祈念申し上げます。


No 9 平成29年度新潟県自衛隊援護協力会定期総会


 5月19日(金)に、新潟県自衛隊援護協力会定期総会に参加してまいりました。防衛講話においては、講師として「熊本地震災害派遣活動について」の演題で、「各種事態対応時における即応予備自衛官、予備自衛官等の重要性・有用性」「災害対処時において重要な事項」等について講話させていただき、我が国の防衛を視野に入れた企業経営等の参考にしていただきました。

 懇親会においては、援護協力会会長をはじめ、皆様と地元のおいしいお酒を酌み交わしながら懇親を深めさせていただきました。即応予備自衛官を採用していただける企業様が増えることを切に願っております。


No 8 新発田駐屯地開設64周年及び第30普通科連隊
    創設55周年記念行事

 5月14日(日)に、新発田駐屯地開設64周年記念行事に来賓として参加して参りました。前日の市中パレードに引き続き、記念行事において、記念式典(観閲式等)、訓練展示、記念祝賀会等が実施されました。

 記念式典において、新潟県知事、国会議員の方々、新発田市長等より日頃の自衛隊の活動に対する感謝のお言葉、今後の国家・地域のための活動に対する期待及びエール等を御祝辞として賜り、自衛官一同地域の期待、任務の重要性に今まで以上に身が引き締まりました。

 また、第30普通科連隊等の駐屯地に所在する部隊の精悍な行進、本年度入隊したばかりの自衛官候補生による溌剌とした行進、訓練招集された即応予備自衛官部隊の精度の高い車両行進が印象的でした。
 訓練展示は、実戦さながらの内容であり、特に155mm榴弾砲による空包射撃は存在感抜群で、ご来場された皆様方も音の大きさに驚かれていました。

 祝賀会食においては、地元の美味しいお酒とともにご来場いただいた方々と懇親を深めさせていただき、新潟県自衛隊家族会会長等とは夜まで深い絆を確かめ合うことができました。


No 7 ゴールデンウィーク

 ゴールデンウィークの前半は、約2年半振りに千葉県の自宅(二世帯)にて家族とともに4日間の休暇を過ごしました。家族そろって外食したり、岩盤浴のある温泉でのんびりしたりと有意義な時間を過ごすことができ感謝の念で一杯です。どうやら妻は岩盤浴にハマった様でした。

 また、義兄の海外赴任の関係で外国暮らしの姉も5月上旬までの予定で一時帰国のため母親宅に滞在しており、久々に元気な姿を見ることができ安心しました。今回はメンタル面の充実も図ることができました。

 ゴールデンウィークの後半は新潟県内で過ごし、職場の仲間と趣味である釣りに赴き、新潟県における初めての釣行でしたが、天候と仲間そして運に恵まれイナダを釣り上げることができました。趣味においても新潟県は最高のフィールドですね。
 素晴らしいここ新潟の地で仕事と趣味を両立させたいと思います。


No 6 新潟県自衛官募集相談員連合会定期総会及び
    連合会設立15周年記念祝賀会

 4月22日(土)、新潟東映ホテルにおいて平成29年度新潟県自衛官募集相談員連合会定期総会を開催するとともに連合会設立15周年記念祝賀会に参加させていただきました。

 定期総会においては、上村会長、各地区支部長をはじめ新潟県内各地より多数のご出席をいただき、平成28年度の自衛官募集成果の概要及び平成29年度の募集環境についてご理解いただくことができました。

 記念祝賀会においては、県内の募集相談員の方々と美味しいお酒を飲みながら懇親及び団結を深めさせていただきました。また、会を盛り上げるために航空自衛隊新潟分屯基地太鼓部の有志による「越後勢龍太鼓」の演奏を実施し、アンコールを頂くほど参加者の方々に大変喜んでいただけました。
 平成29年度も引き続き、国・新潟県のために募集相談員の方々と共に自衛隊へ入隊を希望される方のお手伝いをさせていただきます。


No 5 自衛隊新潟地方協力本部内視察

 4月6日(木)から18日(火)かけ、新潟県内に分散配置されている新潟地方協力本部の出張所、地域事務所、援護室等を管理者として視察しました。本視察を通じて改めて全国第5位の面積を誇る新潟県の広さを実感しました。また、各地域事務所等とも地域の皆様方との連携がしっかりとれており安心しました。

 現在は、幹部候補生(一般及び歯科・薬剤科)、技術海上幹部・技術航空幹部、技術海曹・技術空曹、一般曹候補生(陸上・航空要員)、自衛官候補生(男子(在高校生を除く))の募集受付をしております。

 自衛官を目指す方々は、新潟地方協力本部、地域事務所、募集案内所、知り合いの自衛官にお声がけください。丁寧な説明をさせていただきます。当ホームページにおいてインターネット受付も実施しておりますのでぜひご活用下さい。


No 4 高田駐屯地創設67周年記念行事

 4月16日(日)に、高田駐屯地創設67周年記念行事に来賓として参加して参りました。前日の市中パレードに引き続き、記念行事において、記念式典(観閲式等)、訓練展示、祝賀会食等が実施されました。

 観閲式においては、第2普通科連隊、第5施設群等の駐屯地に所在する部隊一糸乱れぬ行進、訓練招集された即応予備自衛官部隊及び本年度入隊したばかりの自衛官候補生による堂々たる行進が印象的でした。

 訓練展示は、昨年度よりもグレードアップされ日頃の厳しい訓練の成果が十分に発揮されており、ご来場になられた地域の皆様方に更なる安心感を持っていただけたことと思います。

 祝賀会食においては、地元のおいしいお酒とともにご来場いただいた方々と懇親を深めさせていただきました。来年の68周年記念行事が今から楽しみです。


No 3 自衛官候補生入隊式


 4月9日(日)に、高田駐屯地で行われた第2普通科連隊による第8期自衛官候補生の入隊式に参列しました。
 入隊した自衛官候補生諸君は、10日前に着隊したとは思えないほど、表情が引き締まった立派な姿であり、入隊式に参加されたご家族の方々皆様も良い意味で驚かれていました。

 祝賀会食の場で祝辞を述べさせていただく機会があり、先輩自衛官として「ここに集った第8期自衛官候補生の同期・仲間と共に団結力をもって前期課程を最高の形で修了し、立派な自衛官となっていただきたい。併せて、一生涯の宝となる同期の絆を育んでもらいたい。」とエールを贈らせてもらいました。
 第8期自衛官候補生の諸君、国のため、地域のため、ご家族のため、友人のために頑張れ!


No 2 防衛大学校入校式

 4月5日(水)に、片道約6時間かけて新潟から神奈川県横須賀市に赴き、防衛大学校本科第65期学生・理工学研究科前期課程第56期学生等の入校式典に参加しました。
 式典は、入校式、観閲式、午餐会からなり、防衛副大臣、統合・陸上・海上・航空各幕僚監部副長、在日各国大使館国防武官等がご来賓として参列され、将来陸上・海上・航空各自衛隊の幹部自衛官となるべき者の教育訓練を行う我が国唯一無二の機関として相応しい格式あるものでした。
 新入学生は、緊張感の中にも溌剌とした表情であり、4月1日に着校したばかりとは思えないほど凛然としており、将来の活躍を予感させられるものがありました。

 観閲式においては、先輩の2学年から4学年までの学生が観閲部隊として行進を行うとともに、防衛大学校卒業生を各編隊長とする観閲飛行が実施され新入生を歓迎していました。
 私も、28年前は新入学生(第37期本科学生)として、25年前には観閲部隊の中隊指揮官として参加していたことを思い出し、感慨深いものがありました。

 午餐会の最後には、学生、学校職員、ご家族、ご来賓等参加者全員により防衛大学校学生歌を斉唱し、定年された卒業生を含む同窓生や学校関係者の一体感・絆の深さを改めて感じさせていただき感動いたしました。

 往復12時間かけて参列した甲斐がありました。新入学生の諸君には将来の自衛隊を背負って立つ幹部自衛官として相応しい資質・識能を身にまとって4年後元気に巣立ってもらいたいと思います。


No 1 地域へのご挨拶


 4月1日(土)及び2日(日)に、私人として、新潟への移住の挨拶と国家の大事に一身を捧げられ殉ぜられた方々への敬意を表するため「白山神社」、「新潟護国神社」に参拝に行って参りました。

 両神社とも格式のある大変立派な神社であり感動いたしました。
 個人的にも、国家のためにも、地域のために貢献できるよう頑張りたいと思います。



INFORMATION・各種コーナー