本文へスキップ

自衛隊って?そんな疑問にいつでもお答えします♪

お問い合わせ
〒950-8627 新潟市中央区美咲町1丁目1番1号 新潟美咲合同庁舎1号館7階
TEL:025-285-0515 E-mail:
pr1-niigata@pco.mod.go.jp →資料請求

本部長の部屋boss room

 新潟地方協力本部ホームページをご覧頂きありがとうございます。

 この度、3月23日付で自衛隊新潟地方協力本部長に着任しました小薗井(おそのい)と申します。よろしくお願いします。

 簡単に自己紹介させて頂きますと、出身は、新潟県からは長野県を挟んだ太平洋側の愛知県で高校卒業まで「車の町」で知られる豊田市で過ごしました。高校卒業後、防衛大学校に入学・平成5年3月に卒業、以来、東京都練馬区、神奈川県横須賀市、埼玉県朝霞市(第301輸送中隊長)、青森県青森市、神奈川県横浜市、東京都新宿区、北海道千歳市(第7後方支援連隊長)において勤務して、今回、新潟県に赴任致しました。

 出身、勤務歴からもおわかりの通り、新潟県は初めて勤務し居住する地域です。土地勘もないために若干の不安を抱えながら私が新潟地方協力本部に初出勤した際、新潟地方協力本部で勤務している隊員達は私を温かく迎え入れてくれました。また、着任後から新潟地方協力本部と連携・協力関係のある官公庁や各種協力団体の皆様にご挨拶させて頂いておりますが、皆様丁寧に接してくださいまして、新潟県・皆様の「温かみ・人情」を感じているところであります。

 自衛隊は「わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つこと」を任務とする組織ですが、同時に「日本、地域の発展のために貢献し得る人材」を育成する組織でもあります。入隊した隊員は、任期付自衛官であれば入隊数年後から逐次退職時期(定年まで勤務することも可能)を迎え、非任期自衛官は53歳以降、一般企業等よりも比較的早い時期から定年退職時期を迎えますので、任務を全うするための日々の教育訓練・勤務等を通じて養った資質や各種知識・技能を身につけた頼もしい隊員達を逐次、国・地域にお返しすることとなります。

 新潟地方協力本部は、新潟県における自衛官等の募集や退職自衛官の就職援護、自衛隊の広報等を任務とし、自衛隊に入隊を希望する方々へのお手伝いや自衛官として培った資質及び技能等を有した人材を就職援護を通じて新潟県等にお返しする業務等を実施しています。

 国・新潟県のために実施しております我々の業務をご理解いただきますとともに、引き続き皆様の御厚情いただければ幸甚であります。

 このホームページにおいては、新潟県内の自衛隊の活動や隊員達の素顔のほか、新潟地方協力本部で行うイベントや自衛官等の募集情報等をお知らせしていきたいと思います。

 今後とも応援宜しくお願い致します。


自衛隊新潟地方協力本部長 1等陸佐 小薗井 明裕


No21 防衛大学校説明会
No22 お盆休み
No23 多用途支援艦「ひうち」による艦艇広報
No24 平成29年度新潟県・上越市総合防災訓練
No25 自衛官候補生入隊式(8月入隊)
No26 平成29年度新潟県任期制隊員合同企業説明会
No27 体力検定
No28 女性自衛官の活躍
No29 自衛隊家族会北関東地域協議会定期総会
No30 東部方面総監視察受け
No31 新潟県殉職隊員追悼式
No32 平成29年秋の叙勲等
No33 新潟地本スタンプラリー2017表彰式
No34 自衛隊新潟地方協力本部創立61周年記念行事
No35 年末のご挨拶
No36 新年のご挨拶
No37 海上自衛隊舞鶴地方総監来部
No38 佐渡地区自衛隊協力団体合同新年会
No39 佐渡市広域断水に伴う災害派遣活動
No40 藍綬褒章受章を祝う会


(バックナンバー:No1〜20


No40 藍綬褒章受章を祝う会

 2月11日(日)上越市内において、新潟県自衛官募集相談員連合会副会長兼高田支部長であられます佐藤優様の「藍綬褒章受章を祝う会」に参加させていただきました。

 本祝う会は、佐藤様が昨年秋の叙勲伝達式において天皇陛下から自衛官募集のご功績で藍綬褒章を受章された栄誉を称えるため執り行われたものです。佐藤様には、18歳の時から実に46年間の長きにわたり防衛省・自衛隊の役割と国防に直結する自衛官募集の重要性に対してご理解いただき、募集相談員として現在まで89名もの有用な人材を自衛官になるため紹介していただいております。

 本会において、自衛隊新潟地方協力本部長として「佐藤様の絶大かつ偉大なるご功績に対する敬意」と「引き続きの自衛官募集に関する協力依頼」を祝辞において述べさせていただきました。

 また、祝宴においては、高田駐屯地音楽クラブによる生演奏や、北くびき担ぎ桶胴連の皆様によるアトラクションにより華やかな雰囲気の中、ご参加の皆様との懇親を深めさせていただきました。佐藤様、誠におめでとうございます。


No39 佐渡市広域断水に伴う災害派遣活動

 1月29日(月)9時15分に新潟県知事から第30普通科連隊長に対し給水支援に係る災害派遣要請があり、撤収要請があった2月2日(金)9時26分までの間、防衛省・自衛隊は、新潟県庁及び佐渡市役所を主体とした関係機関等との連携の下、佐渡市等において災害派遣活動を実施しました。

 今回の災害派遣活動にあたり、災害派遣要請がかかる以前から県庁・佐渡市の情報が防衛省・自衛隊の間で共有され、各部署において災害派遣に必要な準備が逐次実施されました。

 いざ災害派遣要請が行われた以降は間髪を置くことなく、今までにはあまり例のない広域断水という災害に迅速かつ的確に対応することができました。これは、平素からの防災訓練や各種会同等を通じて形成された防衛省・自衛隊と新潟県・佐渡市及び自衛隊協力団体を含む地域の皆様等との「顔と顔の見える強固な連携態勢」が最大限に機能したおかげであったのでないかと思っております。

 新潟地方協力本部の隊員も新潟県庁や佐渡市役所等へいち早く駆けつけ、自治体をはじめとする関係機関と自衛隊との連絡調整業務等を24時間態勢・体制で実施いたしました。

 また、今回の災害派遣においても佐渡市出身者を含む新潟県内出身隊員が大活躍してくれ、彼らのみではありませんが、「新潟県民・佐渡市民の方々を助けるんだ。」「早く平穏な生活を取り戻してもらいたい。」等の思いがひときわ大きかったのではないかと思います。

 改めて、新潟県の安心・安全に資する新潟県における自衛官の募集業務の重要性を感じているところです。今年度の募集業務はまだまだ継続中でありますので、皆様からのご支援・ご協力を賜りたく存じております。

 防衛省・自衛隊としての災害派遣活動は終了しますが、いまだに断水が続いている地域もありますし、水道管等の補修等も続いていると聞いております。一日も早い佐渡市の完全復興をお祈り申し上げます。


No38 佐渡地区自衛隊協力団体合同新年会

 1月28日(日)に、佐渡地区自衛隊協力団体合同新年会にお招きいただき参加いたしました。

 佐渡までの移動はフェリーを使用しますが、1月23日(火)以降、最強クラスの寒気の影響で海上は大しけが続いており、佐渡に無事にたどり着けるか心配しておりましたが、28日(日)はこの時期にしては恵まれた天候で、海上の波は比較的穏やかで無事移動することができ安心いたしました。

 新年会に先立ち、お時間をもらい最近マスコミをにぎわせている「わが国を取り巻く安全保障環境と自衛隊の取組」と題しまして防衛講話を実施させていただき、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つための「防衛省・自衛隊の必要性」と自衛隊を維持するために必要な「募集の重要性」について再認識していただきました。

 また、メインの新年懇親会においては、自衛隊協力8個団体の皆様とおいしいお酒と料理とともに懇親を深めさせていただき、地域の皆様との顔の見える強固な関係を醸成させていただきました。


No37 海上自衛隊舞鶴地方総監来部

 1月18日(木)に、昨年12月に着任された中尾舞鶴地方総監が自衛隊新潟地方協力本部に来部されました。

 当初私から、新潟県の特性や新潟地方協力本部で勤務する海上自衛官の活躍状況等の説明をするとともに、昨今の厳しい募集環境や任務遂行に係る連携要領等について認識共有いたしました。

 夕刻、新潟市内のホテルにおいて、海上自衛隊舞鶴地方総監を囲み、県内の関係市町村長、自衛隊各種協力団体会長、県内自衛隊部隊長及び海上自衛隊舞鶴地方総監部主要幹部等との意見交換会(懇親会)が行われ、顔と顔の見える関係のより一層の強化を図ることができました。

 今後も各種機会を活用し、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つために必要な地域防衛基盤及び防衛省・自衛隊の人的基盤の充実のため汗を流したいと思います。


No36 新年のご挨拶

 新年おめでとうございます。皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げますとともに、旧年中、自衛隊新潟地方協力本部に対し賜りましたご厚情に、厚く御礼申し上げます。

 昨年は、地域の皆様、関係自治体の皆様、各協力団体の皆様や、親愛なる自衛隊新潟地方協力本部の隊員達と共に自衛官の募集、退職自衛官の就職援護、予備自衛官の管理、広報等の業務を充実感をもって行うことができました。年度途中であり、未だ努力すべきところがありますが、お陰様をもちまして一定の成果を得ることができたのではないかと考えております。

 他方、わが国を取り巻く安全保障環境は、様々な課題や不安定要因がより顕在化・先鋭化してきており、一層厳しさを増し、国内では台風及び豪雨による災害が多発する等、国内外ともに予断を許さない状況が継続しております。

 このような中、本年も引き続き、常に緊張感を持ち、地域の皆様、各種協力団体の皆様及び関係部隊との強固な連携のもと、自衛隊の人的基盤を支える地方協力本部の任務を完遂できるよう引き続き組織力を発揮し心を一つにして精進していく所存ですので、変わらぬ温かいご理解とご協力をお願い申し上げます。

 結びに、皆様方の益々のご発展、ご健勝そしてご多幸を祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。


No35 年末のご挨拶

 早いもので、本年も残すところあと僅かとなりました。同時に私が自衛隊新潟地方協力本部長を拝命してから9ヶ月が経ちました。

 土地勘もなく、初めての新潟県での勤務に若干の不安もありましたが、地域の皆様、関係自治体の皆様、各協力団体の皆様等の多くの素晴らしい方々とめぐり合い、皆様と共に、そして親愛なる自衛隊新潟地方協力本部の隊員達と共に充実した仕事を行うことができました。

 これも偏に、平素からの皆様方からの防衛省・自衛隊に対します深いご理解とご協力の賜物であり深く感謝申し上げます。

 今年は、九州北部で豪雨災害が発生するとともに、近隣諸国の挑発的行動が度々行われるなど、防衛力や自衛官募集の重要性について再認識させられる一年でもありました。

 このような状況ではありますが、我々の主業務であり防衛力に直結する自衛官募集に関しましては全国的にも厳しい状況が続いております。自衛隊入隊を希望する方や入隊を希望する若者をご存知の方は「自衛隊新潟地方協力本部」までご連絡いただければ幸甚です。

 最後になりますが、今年一年間我々を支えていただいた皆様に感謝申し上げるとともに、皆様方の輝かしい新年をお迎えになることを祈念いたしまして、年末の挨拶とさせていただきます。


No34 自衛隊新潟地方協力本部創立61周年記念行事

 12月2日(土)に新潟市内のホテルにおいて自衛隊新潟地方協力本部創立61周年記念行事を実施しました。

 自衛隊新潟地方協力本部は、昭和31年8月1日に「自衛隊新潟地方連絡部」として新発田駐屯地で産声を上げました。その後4回の事務所移転を経るとともに、平成18年7月31日に現在の「自衛隊新潟地方協力本部」へと改名され、昨年度は還暦を迎え、今年度無事に創立61周年を迎えることができました。これも偏に平素からの国民・地域の皆様、関係協力団体等の皆様の防衛省・自衛隊の活動へのご理解のもといただいておりますご支援・ご協力のお力添えの賜物であり、深く感謝申し上げます。

 61周年記念行事は「感謝状贈呈式」と「記念祝賀会」で構成されており、「感謝状贈呈式」では、長年にわたり当地方協力本部の活動にご支援・ご協力いただいている皆様・地方自治体等の組織に対し感謝の意を表したく、今年度は27の個人・組織に感謝状を贈呈させていただきました。

 「記念祝賀会」は、自衛隊新潟地方協力本部を支える会の主催、新潟県自衛隊協力会、新潟県隊友会、新潟県自衛隊家族会、新潟県自衛隊援護協力会及び新潟県自衛官募集相談員連合会の共催・後援により、平素お世話になっている新潟県各市町村長及び関係機関等の皆様のご臨席のもと盛大に実施していただきました。参加していただいた皆様とともに、当地方協力本部の歴史・伝統を振り返り、今後も変わらぬ地域の皆様との強固な連携の資となる懇親を大いに深めさせていただきました。

 今後も自衛隊新潟地方協力本部は、国民・地域の皆様により安心していただけるよう、諸先輩方が築きあげた伝統を継承しつつ、時代の変化にも対応し得る柔軟性をもって各種任務遂行に邁進する所存でありますので、引き続きのご支援・ご協力をお願い申し上げます。


No33 新潟地本スタンプラリー2017表彰式


 11月25日(土)に自衛隊新潟地方協力本部庁舎において、表彰式参加を希望された22名の方をお招きして「新潟地本スタンプラリー2017達成記念表彰式」をささやかながら実施しました。

 スタンプラリーは2012年から始めたもので今年で6年目となり、新潟県内の各イベント会場にご来場いただいた幅広い年齢層の多くの方に楽しんでいただいております。

 今年度は昨年度より6名多い29名の方が見事達成されました。その内訳は、10種類全てのスタンプを集められた完全達成者が18名、9種類集められた達成者が5名、8種類集められた達成者が6名でした。なお、最年少の達成者はご家族でイベントに参加してくれた2歳の男の子でした。

 表彰式においては、表彰状等をお渡しした後、当地方協力本部のマスコットである「マモルくん・マイちゃん」と共に記念撮影をしたり、イベント会場でプレゼントしている缶バッジの作成体験をしてもらったりと、短い時間ではありましたが楽しんでいただきました。

 来年度もスタンプラリーの開催を予定しておりますので、ぜひともより多くの方々に楽しんでいただき、防衛省・自衛隊を身近な存在として感じていただければ幸いです。


No32 平成29年秋の叙勲等

 11月14日(火)に、平成29年秋の叙勲等の伝達式及び天皇陛下への拝謁があり、新潟県募集相談員連合会副会長の佐藤優氏が「藍綬褒章」を受章され、16日(木)に新潟地方協力本部に来部されその概要をご説明してくださいました。

 「藍綬褒章」は、「国や地方公共団体から依頼されて行われる公共の事務に尽力された方」等が天皇陛下から褒章を受けるもので、佐藤氏は防衛省・自衛隊の依頼を受け自衛官の募集に46年間に渡り貢献されており、89名の自衛官の入隊に係る紹介をしていただいたご功績により今回受章されました。

 天皇陛下拝謁においては、陛下より直接お言葉を掛けていただいたということで、大変光栄なことと喜ばれておりました。

 自衛官の募集は、わが国の平和と独立を守り国の安全を保つための防衛省・自衛隊の任務に直結する極めて重要な業務であり、この重要な業務に長年に渡りご協力いただいたことに対しまして、新潟地方協力本部一同心から感謝申し上げます。引き続き、優秀な人材の確保のため絶大なるご協力を賜りたいと存じております。


No31 新潟県殉職隊員追悼式

 11月5日(日)に、新発田駐屯地で実施された平成29年度新潟県殉職隊員追悼式に参加いたしました。

 当初、ご遺族及び県内部隊長による慰霊碑参拝を実施いたしました。その後、会場である体育館に移動し、ご遺族、米山新潟県知事、地元選出等の国会議員、地域の市町村長、県議会議員、各種自衛隊協力団体会長等及び県内部隊長・県内部隊隊員等約150名の参列のもと、新潟県殉職隊員追悼式が実施されました。

 追悼式において、国家斉唱の後、黙祷、合祀者氏名拝読、儀仗隊礼拝、献花、弔銃等が行われ、これまでに殉職された42名の方々を追悼いたしました。執行者である新発田駐屯地司令は、「殉ぜられた方々の崇高な精神を受け継ぎ、国民の負託に応え得る自衛隊を目指し、任務達成に全身全霊で努める。」と決意を述べるとともに、米山知事等のご来賓も追悼の辞を述べられました。

 我々は、今日の国民に信頼される防衛省・自衛隊がある傍ら、任務遂行、防衛省の充実・発展等のために職に殉じられた御霊の尊い犠牲があったことを未来永劫忘れることなく、これからも国民の負託に応えるために任務に邁進する所存であります。


No30 東部方面総監視察受け

 10月16日(月)に、8月に着任された住田東部方面総監の視察を、新潟地方協力本部及び佐渡駐在員事務所が受察しました。

 当初、私から新潟県の特性や新潟地方協力本部の部務運営等の全般状況を報告し、その後は本部で勤務する隊員の状況及び管理している施設の状況等の視察を受けるとともに、方面総監から新潟地方協力本部への期待を含めた訓示を頂き、じ後の部務運営の大きな励みとなりました。

 本部の視察が終了した後には、新潟県知事を表敬訪問され、県知事との意見交換を通じ新潟県と東部方面隊との連携も更に強固なものになりました。

 また、東部方面隊の最北の施設である佐渡駐在員事務所も視察され、最北の地で日々募集業務の第一線として活躍している隊員一人ひとりを直接激励していただきました。

 今後も、地域防衛基盤及び防衛省・自衛隊の充実のため汗を流したいと思います。


No29 自衛隊家族会北関東地域協議会定期総会

 10月15日(日)に、新潟市岩室温泉で実施された自衛隊家族会第27回北関東地域協議会定期総会に参加して参りました。

 定期総会の冒頭に「平素からの防衛省・自衛隊への深い理解のもとのご支援・ご協力に対する感謝」「事態対応時の家族会・家族支援の重要性」「活発な家族会活動への御礼」等の内容を含めた挨拶をさせていただきました。

 定期総会に引き続きの懇親会は大変盛り上がり、3次会まで参加させていただき懇親を深めさせていただきました。かなり飲みすぎてしまいました(反省)が楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 私は公務の関係上参加できませんでしたが、翌日家族会の皆様はパワースポットでも有名な弥彦神社・弥彦山等の研修をしていただき、2日間を通じて新潟の「美味しいお米とお酒」「伝統ある温泉」「パワースポット」をご堪能していただきました。

 家族会の皆様には引き続き我々との密接な連携のもと、家族会活動にご尽力いただければと思っております。


No28 女性自衛官の活躍

 自衛隊には、所属部隊に籍を置き、任務遂行支援のため期間限定で他の部隊等において勤務する「臨時勤務」という制度があります。

 自衛隊新潟地方協力本部は、例年7月から9月の広報業務最盛期に、他部隊に臨時勤務者の支援をお願いしており、今年もそれぞれ期間は異なりますが2名の女性自衛官が臨時勤務として新潟地方協力本部で勤務してくれました。

 臨時勤務は、普段と異なった職場で勤務することから一から仕事のやり方を覚える必要がありますが、今年支援してくれた女性自衛官も優秀な人材で、仕事のやり方を直ぐにマスターし即戦力として活躍してくれました。

 特に、女性ならではの親近感を活かして、地域の皆様と直接ふれあう自衛隊の活動を紹介する広報イベントの最前線で大活躍してくれ、多くの地域の皆様に自衛隊の活動内容を理解していただきました。来年も臨時勤務者の支援をお願いしたいと思っております。

 また、自衛隊は、これまで制限していた陸自の普通科中隊や戦車中隊などの女性の配置を可能とし、全自衛隊における女性自衛官の配置制限を実質的に撤廃し、女性自衛官の採用を拡大するとともに、全自衛隊に占める女性の割合を倍増することを目指すことにしておりますので、自衛隊新潟地方協力本部一同、多くの女性の方の入隊を心よりお待ちしております。


No27 体力検定

 9月26日(火)に、平成29年度の体力検定を新発田駐屯地で実施しました。

 体力検定は、あらゆる事態等に即応性をもって対応するために、自衛官個人の体力を任務遂行できる状態に維持するため退職まで毎年実施しているものです。

 体力検定の合格基準は、勤務経験や年齢等に応じて細部規定されており、合格に必要な体力は段階的に鍛える教育訓練体系になっています。陸上競技、水泳、球技、武道、筋力トレーニング等を実施する「体育訓練」や部隊・職域の特性に応じた「練成訓練」を通じて、日々心・技・体を鍛えて、その成果の確認の一つとして体力検定を実施します。

 体力検定当日の天候は晴れで若干暑さを感じる気温ではありましたが、私も自衛官でありますので当然受検しました。組織の長として不合格になるわけには行かないというプレッシャーはありましたが、日頃の成果(?)を出し切り、若くて体力がある者には敵わないものの合格することができました。引き続き個人の即応態勢を維持するために、継続的に体を鍛えたいと思います。

 自衛隊新潟地方協力本部では継続的に隊員募集を実施していますので、共に体を鍛えたい方の入隊をお待ちしています。


No26 平成29年度新潟県任期制隊員合同企業説明会

 9月13日(水)に、新潟市内で自衛隊援護協会東京支部主催、新潟県自衛隊援護協力会共催により行われた、平成29年度新潟県任期制隊員合同企業説明会を視察いたしました。

 合同企業説明会は、今年度末に任期を終了し、民間企業へ再就職する任期制隊員に対し就職援助の一環として行われるものであり、新潟県内に再就職を希望する陸・海・空の任期制隊員が参加しました。

 参加隊員31名に対して、なんと79社もの退職自衛官の雇用を検討されている企業が参加され、退職自衛官の企業戦士として人気が高いことを改めて伺い知るとともに、各ブースにおいては企業の概要説明や隊員からの業務内容に関する質問等、活発な情報交換がなされていました。

 基本的には、任期退職者及び定年退職時の再就職は、自衛隊援護協会及び各県自衛隊援護協力会等のご支援もあり100%となっておりますので、自衛官を人生のスキル・ステップアップの過程の一つとしても理解していただき、より多くの優秀な若者が自衛官を職業として選択されることを祈念しております。


No25 自衛官候補生入隊式(8月入隊)

 9月9日(土)に、朝霞駐屯地で行われた女性自衛官教育隊による第8期自衛官候補生24名の入隊式に参列しました。

 入隊した自衛官候補生らは、緊張の中にも10日前に着隊したとは思えないほど表情が引き締まった精悍な姿であり、入隊式に参加されたご家族の方々皆様も驚かれていました。

 祝賀会食においては、新潟県から入隊した自衛官候補生が入隊者を代表して「決意表明」を両親に対する感謝の意を含め立派に述べてくれました。

 採用を担当する新潟地方協力本部長として、大変うれしく誇りに感じるとともに、私が本部長となって初めての採用者の入隊式であり感慨深いものがありました。

 これから3ヶ月間、前期教育に望むことになりますが、同期・仲間と共に力を一つに団結力を持って乗り越え、国の宝として活躍し得る立派な自衛官となっていただきたいと思います。


No24 平成29年度新潟県・上越市総合防災訓練

 9月2日(土)に上越市で実施されました「平成29年度新潟県・上越市総合防災訓練」に参加して参りました。

 本訓練は「地域住民と防災関係機関との連携や協力体制の強化を図る。」ことを目的に、「高田平野西緑断層を震源とするマグニチュード6.8の直下型地震が発生した。」という想定のもとに、実動により実施されました。

 一連の状況の中で、新潟県知事、上越市長等は倒壊家屋からの被災者の救出、負傷者のトリアージに続く緊急搬送、避難所開設、生活支援等に関する関係機関の連携状況等を一つ一つ確認をされておりました。

 我々新潟県等の自衛隊部隊も防災関係機関との連携の下、オートバイを使用した情報収集、陸自及び空自ヘリコプターを使用した被災者の救出・負傷者の緊急搬送・電源車の空輸、炊事車による生活支援等に関する訓練を実施しました。

 私は県内部隊長と共に、県知事及び市長の訓練視察に随行し、自衛隊が訓練を実施している場面においては補足説明等を実施し、災害発生時の自衛隊の能力等について今まで以上に理解を深めていただき、新潟県と防衛省・自衛隊との連携強化の一助となれたことと思います。

 我々としましても、引き続き防災態勢の充実・強化に努めてまいります。


No23 多用途支援艦「ひうち」による艦艇広報

 8月26日(土)及び27日(日)に海上自衛隊の多用途支援艦「ひうち」が佐渡市に来港し、自衛隊新潟地方協力本部は、佐渡市自衛隊協力会、各種協力団体の多大なるご支援・ご協力を得て「ひうち」の一般公開を含めた艦艇広報を実施しました。

 両日とも天候に恵まれたこともあり、艦艇に乗り込み装備品や艦内施設等を間近で見ることができる一般公開は両日で約1,150名もの来場者(乗艦者)があり、ご来場された方々に、国防のため第一線で活躍する艦艇及びその乗組員である海上自衛官の勇姿をご覧頂くことができました。

 現在は、9月8日まで「自衛官候補生」、「一般曹候補生」及び「航空学生」採用試験の志願票を受付中です。一人でも多くの皆様が自衛隊という組織をご理解され、職業として選択していただければ思います。

 また、来場者の中には、新潟地本で実施している各種イベント会場でスタンプ(全10種類)を集める「新潟地本スタンプラリー2017」に挑戦されている方も多数ご来場されました。佐渡市におけるイベントでしか押すことのできない貴重な「佐渡駐在員事務所スタンプ」をゲットされ、今年度初となる10種類全てのスタンプを集る「パーフェクト賞」を達成された方がなんと13名もいらっしゃいました。達成者の方、真におめでとうございます。

 「スタンプラリー」に参加されている方は「パーフェクト賞」を目指して頑張ってください。パーフェクト賞を含む8種類以上のスタンプを集められた「スタンプラリー達成者」の方に対して、11月に表彰式を予定していますので楽しみにしていて下さいね。


No22 お盆休み

 お盆休みはゴールデンウィークと同じような予定で、前半は千葉県の自宅にて、後半は新潟県内で過ごしました。

 自宅では、家族で約3年振りにディズニーリゾートへ行ったり、母親と団欒したり、庭の草刈をしたりとありきたりではありますが、自宅じゃないとできないことをして有意義な時間を過ごすことができました。

 休みの後半は、新潟県某所において職場の仲間と共に趣味である釣りを楽しみました。なかなかのサイズのシーバスを釣り上げることができましたよ。

 これから年末にかけて、仕事、趣味共にトップシーズンを迎える事となりますが、両者手を抜くことなく頑張りたいと思います。


No21 防衛大学校説明会

 8月9日(水)に、新潟市近傍に所在する5名の防衛大学校受験希望者を自衛隊新潟地方協力本部庁舎に招き、新潟県出身の現役防衛大学校学生の支援を受けて「防衛大学校説明会」を実施しました。

 先ずは、新潟募集案内所長による防衛大学校に関する制度説明を、次に現役防衛大学校学生による現在の防衛大学校での生の状況等を説明してもらい、最後に私も含め懇談を行いました。

 懇談を通じて、国家安全保障戦略をも視野に入れた「防衛大学校の国際的な教育水準の高さ」卒業生の自衛官としての活躍状況及び退職後の活躍状況等を踏まえた「防衛大学校卒業生の国際・国内社会における有用性」についてアドバイスさせていただきました。

 今回の受験希望者の中から、将来日本のために貢献し得る有望な後輩が誕生することを楽しみにしています。




INFORMATION・各種コーナー