• 経歴 詳細を見る
  • 法政大学(法学部法律学科)
  • ■平成5年3月幹部候補生学校(奈 良)
  • ■平成6年2月中部航空警戒管制団第2移動警戒隊(入 間)
  • ■平成7年5月中部航空警戒管制団中部防空管制群防空管制隊(入 間)
  • ■平成10年3月第3輸送航空隊司令部監理部(美 保)
  • ■平成11年8月第1航空団司令部監理部(浜 松)
  • ■平成13年4月航空中央業務隊付(中央大学院研修)(市ヶ谷)
  • ■平成14年4月航空幕僚監部監理部法務課(市ヶ谷)
  • ■平成16年3月幹部学校付(第52期指揮幕僚課程)(目 黒)
  • ■平成17年4月航空幕僚監部防衛部防衛課(市ヶ谷)
  • ■平成20年4月第1航空団基地業務群業務隊長(浜 松)
  • ■平成22年4月航空幕僚監部首席法務官付(市ヶ谷)
  • ■平成24年8月幹部学校付(航空自衛隊第62期幹部高級課程・第14期統合高級課程)(目 黒)
  • ■平成25年8月航空幕僚監部首席法務官付法務官(企画・訴訟担当)(市ヶ谷)
  • ■平成27年2月航空幕僚監部防衛部防衛課兼防衛政策局防衛政策課(市ヶ谷)
  • ■平成27年12月特別航空輸送隊副司令(千 歳)
  • ■平成28年12月航空支援集団司令部法務官(府 中)
  • ■平成30年10月28日自衛隊宮崎地方協力本部長(宮 崎)
本部長の部屋宮崎地本について
  • 氏名荒 井 将 人(あらい まさと)
  • 階級1等空佐
  • 年齢47歳
  • 出身地埼玉県
本部長の部屋(11月)
 東京に所在する航空自衛隊航空支援集団司令部の法務官から、10月28日付で宮 崎地方協力本部長として着任しました荒井です。

 はじめに、前任の植村本部長在任中、皆様から宮崎地方協力本部に対する格別なご 厚情と多大なるご支援を賜りましたこと、心よりお礼申し上げます。

 昨今の我が国を取り巻く安全保障環境は、益々厳しくなる状況において、国家、国 民を守る組織である自衛隊の一員として、私は、歴史あるこの宮崎の地において自衛 官の募集、援護等の業務を担う者として従事することとなり、その果たすべき役割の 重要性とともに任務の重責を痛感しております。また、私は、かつてカレッジリクル ータとして幹部自衛官の募集広報活動のお手伝いをしたことがあり、今回、本部長と して着任するに当たり、当時の志願者の学生さん達の真剣な眼差しに、若かった頃の 自分自身のモチベーションに、たくさんの刺激を受けたことを思い出しました。  これまで当本部の隊員一人一人が、誠実にまた信念を持って行ってきた募集、援護 等の業務を継承しつつ、さらにより良いものを目指し、当本部の職員の先頭に立ち、 全身全霊を持って任務に邁進して参りたいと考えております。また、そのためには、 我々自身の弛まぬ努力と、皆様からの自衛隊に対するご理解も頂きたいと思います。

 自衛官の募集環境は、引き続き厳しい状況にあります。  今月より、一般曹候補生及び自衛官候補生の募集年齢が引き上げられ、応募者が増 えてくれることが期待されます。しかし、それに甘んじることなく、自衛隊の本当の 魅力を、我々がしっかりと広報していくことが求められるものと認識しています。  我々は、自衛官という職務の素晴らしさ、自衛官であることの誇り、真面目さ、誠 実さ、同期同僚との厚い絆のあることを、真心を持って皆様にお伝えして、我々と一 緒に汗を流すことの出来る仲間を増やしていきたいと考えています。

   歴代の本部長をはじめ、多くの諸先輩方と宮崎の皆様との間で培われた自衛隊との 強い絆、自衛隊に対する信頼と安心をより一層強いものとし、また、皆様から頼り甲 斐のある強い組織にするための如何なる努力も惜しまないつもりでおります。この宮 崎の地が、より自衛隊と皆様との絆の強い地域になるための架け橋として尽力してい く所存です。  今後とも、自衛隊、そして九州、宮崎に所在する基地、駐屯地等、宮崎地方協力本 部への益々のご理解と、様々な形でのご支援、ご協力を賜りたく、宜しくお願い申し 上げます。

平成30年10月28日
1等空佐 荒井 将人  


TOPへ