HOME鹿児島地本ガイド海上自衛隊ミニ講座 ≫ 自衛艦(艦艇)の敬礼

自衛艦(艦艇)の敬礼
 自衛艦、船舶の「敬礼」について紹介したいと思います。
 海上自衛官の挙手の敬礼は、陸・空自衛官と異なること、また、それは狭い艦内を基準にしていることを紹介しましたが、実はもう一つ異なる点があります。艦内は、通路が狭いこともありますが、一度港を離れ洋上に出てしまうと、乗り込んでいる隊員の生活空間は艦内に限られてしまいますので、課業時間(0800~1700)内は、艦内での敬礼を省略することができます。自衛官は上級者への敬礼、相互の敬礼、また、上級者は答礼が義務付けられており、狭い空間で何度も顔を合わせる環境にあっては、何回も同じ人に敬礼することとなり、敬礼に追われて仕事ができないという不具合がありますので、課業時間内の敬礼を省略できるようにしています。同様に、海上自衛隊の航空部隊でも機内においては敬礼を省略することができます。 さて、今回のテーマである「自衛艦の敬礼」ですが、艦艇が敬礼することをご存知でしたか?観艦式などを見学された方は実際に見たことがあると思います。観艦式などで行われる敬礼で、乗員が上甲板に一列に整列し、艦橋横で部隊指揮官や艦艇長、士官(幹部)が挙手の敬礼しているこの敬礼は「登舷礼」というもので、艦艇など船の敬礼としては最敬礼の部類に入ります。観艦式を見たことない人でも、帆船などでマストに乗員が登り、帆桁(ヤード)上に一列になっている登檣礼(とうしょうれい)の写真などを見たことがあると思います。これと同じものに当たります。登舷礼は、観艦式や式典などの儀式や出入国、外国の港への出入港などで見送り・出迎えに対する特別な場合に行われます。
 通常行われる敬礼では、自衛艦同士の敬礼、他国の軍艦との敬礼、商船との敬礼で若干異なります。自衛艦同士の場合は、その艦艇に乗艦している指揮官に対して行うもので、敬礼の基準は陸上にある自衛官同士の場合と同じです。艦艇には必ず艦艇長が乗艦し、艦艇の運航に関する全責任を負っています。また、艦艇は2~4隻単位で「隊」を組んでおり、さらに、2~3個隊で「群」を編成し、それぞれに「隊司令」、「群司令」という指揮官がいます。艦艇部隊の司令の勤務場所は、やはり艦艇の上で、配下の何れかの艦艇に乗艦しています。したがって、艦艇のマストには、必ず指揮官旗が掲揚されており、その旗の種類や掲揚の有無をもって、群司令等のどの指揮官が乗艦しているかを確認します。そして自衛艦同士が日中視認できる距離で行き交う時、自衛艦同士は敬礼を行います。この際、自衛官の敬礼と違うのは、必ず下級者が先に敬礼し、上級者が答礼した後、敬礼を終了します。また、艦艇の敬礼では、必ずラッパの吹奏を併用します。どちらが上級者であるかを判別するには、先ほどの指揮官旗で判断し、艦長しかいないと分かった場合には、海上自衛隊の幹部名簿に記載されている番号の順が先任順であることから、後任者が先任者に対し先に敬礼することになります。
 また、外国の軍艦との敬礼の場合には、友好国の場合、基本的に近海で行動する場合には、その行動予定や指揮官・艦長等の階級・氏名が大使館等を通じて事前に通知されており、その情報に基づいて、自衛艦同士の敬礼に準じて行います。また、通告されていない艦艇や友好国以外の艦艇については、一般的に敬礼は行われません。
 商船との敬礼は、特に決まったものはありません。国際慣行として、船尾やマストに掲揚している自国の国旗を半揚(旗竿の2/3程度に下げて掲揚すること。)することにより、行き交う軍艦等に敬意を表することがあり、自衛艦に対しても、特に国際航路に従事している貨物船、タンカー、貨客船などの国内外の商船が行うことがあります。これに対して、自衛艦側も同様に自衛艦旗を半揚にしてこれに答礼します。自衛艦では、航海中見張りを常に配置していますが、このように行き交う船舶の動き、特に国旗の半揚による敬礼を見落とすなどの失礼がないよう、いろいろなことに気を使って艦艇を運航しています。
では、航空機はどうかというと、海上航空部隊では航空機の敬礼は特に定まっていません。編隊を組むなど特別な場合を除いて、元々航空機同士がパイロットの顔を視認するほどの近距離で飛行することはありませんし、船舶に対しても、船員がおかしいと感じるほど低高度・近距離で飛行することはありません。

自衛隊鹿児島地方協力本部
〒890-8541 鹿児島県鹿児島市東郡元町4番1号 鹿児島第2地方合同庁舎内1階
TEL・FAX:099-253-8920
e-mail:hq1-kagoshima@pco.mod.go.jp
ⓒ2013 JAPAN SELF DEFENSE FORCE KAGOSHIMA Provincial Cooperation Office. All rights reserved.