HOME鹿児島地本ガイド海上自衛隊ミニ講座 ≫ 艦艇における礼式

艦艇における礼式
今回は、艦艇における礼式について紹介します。
 これまで、自衛隊の礼式についていろいろ紹介してきましたが、海上自衛隊だけが、陸上・航空自衛隊と違うと感じたのではないかと思います。実は、これ、礼式の意味するところは同じで、海上自衛隊が異なるのではなく、二つの要因から生じているものと考えています。
 まず、第一は、自衛隊の中で航空自衛隊が最も新しい組織で、昭和29年の自衛隊発足時に、米空軍(陸軍航空隊が前身)を手本として創設されました。主として空における防衛力を担任していますが、服務・制度等は、米空軍に倣って陸上自衛隊が手本であり、制服の色が異なるほかは、服制についてはほとんどが陸上自衛隊と同じです。このため、陸・空と海が異なるのではなく、陸(空)と海が異なるわけです。
 第二は、正に陸と海が異なることに起因するものです。敬礼のところでも紹介しましたが、陸と海とでは、勤務する環境や任務に差異があり、それぞれの伝統により礼式も異なります。特に、陸軍は、自国や同盟国などの領域内を主に活動しますが、海軍の場合、領海にとどまらず公海での活動が主となり、また、同盟国でない外国にも寄港することから、外交的な役割を担っています。こうしたことから、諸外国でやり方は異なっていても、外交儀礼上の礼式は共通的に各国で一通り定められています。また、幕末から明治にかけて旧日本軍建軍の際、お手本とした先進国の軍隊が陸軍(仏、独国)と海軍(英国)で異なり、必然的にその様式も違ってくることになります。
 さらに、陸上自衛隊は、大東亜戦争終戦から5年後に警察予備隊として誕生し、まだ敗戦間もない時期の国民感情から、旧陸軍とは別物であることが強調され、旧陸軍との関係を断絶していました。他方、海上自衛隊は、その2年後、海上保安庁内に海上警備隊として発足しましたが、戦後処理としての復員兵輸送や日本周辺に敷設された機雷の除去などに旧海軍関係者が従事していたことと、旧日本海軍士官と米海軍士官とによる日本防衛のための海軍再建に向けたY委員会が機能していたこともあり、海上警備隊の発足は正に海軍再建の一歩と捉え、旧海軍の伝統の多くを継承しています。
 こうした経緯から、陸(空)と海の礼式の差異は生じているものと考えます。
 さて、艦艇の礼式で陸(空)にないものの一つとして、まず、艦艇に乗り降りする際の礼儀があります。艦艇の乗り降りするところを舷門(げんもん)と言い、ここには通常、当直士官、当直海曹、当番という当直員が立直し、艦への出入りする者全てを確認しています。この舷門を通過する際、艦尾に軍艦旗(海上自衛隊にあっては自衛艦旗)が掲げている時は、まず、その旗に対して礼(自衛官等は敬礼)をしてから、乗艦して当直員の出迎え・確認を受けます。(降りる際は、この逆で当直員の確認・見送りを受けてから、軍艦旗(自衛艦旗)に対して礼を行います。)これは、諸外国の軍艦でも同様に実施します。海上自衛隊では、同じ自衛官であっても海上自衛官以外には強制していませんが、諸外国では、軍人以外の一般の人でも当然のように実施されています。それは、スポーツの国際大会などで国歌演奏、国旗掲揚の際、選手や観客が席を立って敬意を表すのが当然とする諸外国のマナーであり、軍艦を乗り降りする際にもマナーとして親から子供に自然と躾られているそうです。海外に寄港した際に、ほとんどの国で小学生以上ともなればこのような礼が自然と行われていて驚いたものです。
 VIP等の乗艦・下艦の際には、サイドパイプによる冠譜を行います。また、行事やレセプションの際には送迎のための「と列員」を立てる「舷門と列」というのがあります。同じ海上自衛隊においても、陸上施設にあっては行っていませんが、艦艇では現在でも継承されています。
洋上で民間船舶と行き会う際、民間船舶が国旗を半揚にして敬礼を行うことを紹介しました。陸上にあって、民間の人とこのような敬礼をすることはありません。
 艦艇のみで行われる礼式はこのほかにもいろいろありますが、これは、外国の領域にあっても艦上はその国の領域であるという治外法権が確立されていることから、陸上にはない様々な礼式が定められているのではないかと考えます。

自衛隊鹿児島地方協力本部
〒890-8541 鹿児島県鹿児島市東郡元町4番1号 鹿児島第2地方合同庁舎内1階
TEL・FAX:099-253-8920
e-mail:hq1-kagoshima@pco.mod.go.jp
ⓒ2013 JAPAN SELF DEFENSE FORCE KAGOSHIMA Provincial Cooperation Office. All rights reserved.