HOME 自衛官になりたい各種募集のご案内 ≫ 技術海上幹部・技術航空幹部

技術海上幹部・技術航空幹部とは
 大学において応募資格に定められた学部の指定する専攻学科を卒業後、2年以上の業務経験のある人を対象に、その経験を活かし、装備品等の研究開発、維持整備
に関する業務又は心理、語学(英語)、薬剤、音楽に関する業務に従事する幹部自衛官を採用します。

教育・研修
【教育】
 入隊後、技術海上幹部は、海上自衛隊幹部候補生学校(江田島)において、技術航空幹部は、航空自衛隊幹部候補生学校(奈良)において約2ヵ月間、幹部自衛官とし
て必要な教育を受けます。

職域等
【将来の職務】
 業務経験に応じて、海上自衛隊では、主として艦船、航空機、武器及び心理部門における職務に、航空自衛隊では、主として気象、研究開発及び衛生部門における
職務に従事します。主な業務は下表のとおりです。

区分 部門  業務  概要
海上自衛隊 艦 船
航空機
武 器
 技術行政 海上自衛隊の装備を近代化するための企画及び造船所・造船会社又は航空機会社等に対する技術的指導、監督、検査等
整 備 艦船、航空機、武器等の改造、修理、部品の製造 
監督・検査  艦船、航空機、武器等の製造、改造及び修理の監督、検査
実 験 製造計画実施の資料を得るための、艦船、航空機、武器等が計画どおりの性能を発揮することができるかどうかに関する各種実験技術的検討
研究開発 技術開発に必要な調査研究、艦船、航空機、武器等の重要な改善をおこなうための設計、試作及び試作品等の研究開発
施 設 施 設 海上自衛隊全般の施設取得及び整備について技術上の企画、その維持整備、建設業務
心 理 心理行政 心理学に基づく海上自衛隊の施策に関する企画、指導及び監督
相 談 海上自衛隊の相談室・自衛隊病院等におけるカウンセリング、心理査定、惨事ストレスケア活動等
部隊及び家族支援 海上自衛隊の各相談室における心理に関する部隊及び家族支援(コンサルテーション、メンタルヘルス教育等)
研 究 心理に関する調査・研究(メンタルヘルス、ストレス、疲労等)
航空自衛隊 気 象 気 象 気象施策に関する企画、指導、監督及び気象予報、研究等

募集要項
受付期間
(締切日必着)
平成29年4月21日()〜5月26日(金)
募集人員 参考≪平成27年度≫ ※1
海・空 若干名 
応募資格 大卒38歳未満の者
試験期日 平成29年 6月26日(月)
合格発表 平成29年 8月 4日(金)
入隊時期 平成29年10月以降
※1 平成29年度の募集人員につきましては、決定次第、自衛官募集ホームページ等でお知らせします。必ずご確認ください。
各種資料・書式ダウンロード
幹部候補生 医科・歯科幹部 技術海上幹部・技術航空幹部
陸上自衛官(看護) 技術海曹・空曹 航空学生
一般曹候補生 自衛官候補生 防衛大学校学生
防衛医科大学校医学科学生 防衛医科大学校看護学科学生
(自衛官コース)
高等工科学校生徒
貸費学生  

自衛隊鹿児島地方協力本部
〒890−8541 鹿児島県鹿児島市東郡元町4番1号 鹿児島第2地方合同庁舎内1階
TEL・FAX:099−253−8920
e-mail:hq1-kagoshima@pco.mod.go.jp
?2013 JAPAN SELF DEFENSE FORCE KAGOSHIMA Provincial Cooperation Office. All rights reserved.