HOME 自衛官になりた各種募集のご案内 ≫ 防衛医科大学校医学科学生

防衛医科大学校医学科学生とは
 将来、医師である幹部自衛官となる者を養成する制度です。6年間の教育訓練と全寮制の規律ある団体生活を通じて、医師としての知識や技能のほかに、生命の尊厳への理解やあらゆる任務を遂行できる強靱な体力も養っていきます。
 医師でありかつ幹部自衛官としての重責を担っていける資質を備えた人材を求めます。

教育・訓練課程
 防衛医科大学校は、学校教育法に基づき医学教育を行う大学の設置基準に準拠して教育を実施しています。
 また、その教育目標は、自衛隊医官の特性を基調とした人格、識見ともに優れた有能な総合臨床医の養成を目標としています。
 本校の教育課程は、1年次から2年次にわたる進学課程、1年次後半から6年次までの専門課程、1年次から6年次までの訓練課程により構成されています。

【進学課程】
 進学課程は、高い知性と倫理観を備えた高潔な人格及び豊かな教養を身に付けた人間味あふれる医師の育成に重点を置いて教育を行うことに配慮しています。
 一般教育科目(人文系・社会系)、外国語科目、保健体育科目、基礎教育科目

【専門課程】
 専門課程は、21の臓器別等の授業科目で構成され、基礎医学(解剖学、生理学、薬理学、病理学等)と臨床医学(内科学、外科学、小児科学、放射線医学等)を有機的に統合させた形の講義、実習及び病院実習を通じて、医師として必要な専門知識や診断法などを効率よく習得できるよう配慮しています。
 専門教育科目18系・3実習

【病院実習】
 4年次後半から6年次までの間、「内科系臨床実習」及び「外科系臨床実習」として病院におけるBSL(Bed Side Learning)を中心に臨床教育が行われます。この臨床実習で、より実践的な教育を行うため、臨床前準備教育として「基本的診療技能実習」が行われます。

【訓練課程】
 医師である幹部自衛官の自覚を促すための教育訓練が6年間で合計507時間行われます。

将来の進路
▼卒業後は陸・海・空曹長に任命され、幹部候補生として陸上・海上・航空自衛隊の幹部候補生学校に入校します。
▼幹部候補生学校では、幹部自衛官として必要な知識及び技術の修得のための教育を約6週間受けます。
▼医師国家試験に合格し、かつ幹部候補生学校を卒業した者は2等陸・海・空尉に昇任します。
▼医師免許を取得した者は、2年間の臨床研修を防衛医科大学校病院などで受けます。
▼その後各自衛隊の病院、部隊などに勤務します。なお、卒業後9年間は自衛隊に勤務する義務があります。
▼自衛隊を退職する場合
 やむを得ぬ理由で、卒業後9年未満に自衛隊を離職する場合は、卒業までの経費を償還しなければなりません。償還金の額は隊員としての勤務期間によって計算されます。
 例)平成23年3月の卒業生の償還最高額4,811万円。

学生手当
毎月 113,300円(平成29年2月1日現在)
※学生手当ついては、法律の改正により改正される場合があります。
賞与 年2回(6月、12月)
費用 入学金・授業料の納入はありません。

募集要項
受付期間
(締切日必着)
平成29年9月5日()〜29日(金)
募集人員 参考≪平成27年度≫ ※1
約85名
応募資格 高卒(見込含)21歳未満の者
試験期日
1次 平成29年10月28日()、10月29日(
2次 平成29年12月13日(水)〜15日(金)
合格発表
1次 平成29年11月29日(水)
最終 平成30年2月14日(水)
入隊時期 平成30年4月上旬
※1 平成28年度の募集人員につきましては、決定次第、自衛官募集ホームページ等でお知らせします。必ずご確認ください。

各種資料・書式ダウンロード
幹部候補生 医科・歯科幹部 技術海上幹部・技術航空幹部
陸上自衛官(看護) 技術海曹・空曹 航空学生
一般曹候補生 自衛官候補生 防衛大学校学生
防衛医科大学校医学科学生 防衛医科大学校看護学科学生
(自衛官コース)
高等工科学校生徒
貸費学生  

自衛隊鹿児島地方協力本部
〒890−8541 鹿児島県鹿児島市東郡元町4番1号 鹿児島第2地方合同庁舎内1階
TEL・FAX:099−253−8920
e-mail:hq1-kagoshima@pco.mod.go.jp
?2013 JAPAN SELF DEFENSE FORCE KAGOSHIMA Provincial Cooperation Office. All rights reserved.