HOME ≫

陸上自衛隊岩手駐屯地司令の紹介

着任した第32代第9特科連隊長兼ねて岩手駐屯地司令野口1佐

第32代 第9特科連隊長兼ねて岩手駐屯地司令 野口1佐着任行事

  第32代第9特科連隊長兼ねて岩手駐屯地司令 野口紀幸1等陸佐は8月1日、着任行事を挙行しました。
 野口1佐は、当初慰霊碑へ献花された後駐屯地各部隊長が出迎えるなか初登庁されました。
 着任行事は駐屯地各部隊長等による「幹部挨拶」、第9師団長に対する「上番申告」、「着任式」の順で実施しました。第9特科連隊長着任式において、「自衛隊の原点は「任務」であり、我が国を防衛するために我々は存在していることを銘肝してもらいたい。このため、連隊長として、与えたれた任務に即応し、かつ確実に遂行できるがごとく、「訓練精到にして、団結強固、規律厳正、士気旺盛な連隊を育成」すべく、全身全霊をもって職責を果たす所存である。」と述べられ、統率方針として「即動・必遂」、要望事項として、「目的・目標の確立」、「確実な実行」の2点を要望されました。
 連隊の各部隊、隊員はこれら要望事項を具現するため、与えられた任務に対し、目的は何なのか、我々に期待されていることは何なのか等を常に意識し、プロとして任務を達成するために、為すべき事を確実に、かつ黙々と実施することを心に誓いました。
 野口1佐は茨城県出身、44歳、防衛大学校(地球)39期卒業、第8特科連隊(北熊本)、富士学校特科部(富士)、幹部学校(目黒)、第3師団司令部(千僧)、陸上幕僚監部教育訓練部、陸上幕僚監部人事部(市ヶ谷)、幹部学校(目黒)、東北方面総監部防衛部防衛課長(仙台)の勤務を経て、第9特科連隊長として着任されました。
各部隊長による出迎え 状況報告で駐屯地の状況等を把握
師団長から紹介される野口1佐 巡閲する野口連隊長
連隊による観閲行進 部隊に対し答礼する野口連隊長
 
トップページへ