HOME ≫ 自衛隊を知りたい

予備自衛官等制度について

 予備自衛官は、普段は社会人として、それぞれの職業に従事しながら、必要とされる練度を維持するため訓練に応じます。現在、年間1日訓練または5日間訓練を行っています。
 有事等には防衛招集に応じて出頭し、後方の警備や後方支援等の任務にあたります。
 平時においても、特に必要と認められる場合には、災害招集命令により出頭し、自衛官となって災害救助活動に従事します。
今年度の予備自衛官招集訓練等

 即応予備自衛官は、普段は社会人として、それぞれの職業に従事しながら、必要とされる練度を確保するため、訓練に応じます。
 有事には防衛招集に応じて出頭し、自衛官となり常備自衛官とともに第一線部隊の一員として活躍します。
 また、大規模な災害等が発生し、常備自衛官により構成される部隊だけでは対応が不十分な場合など部隊として活躍します。

 国民に広く自衛隊に接する機会を設け、防衛基盤の育成・拡大を図るとの視点に立って、将来にわたり、予備自衛官の勢力を安定的に確保し、更に情報通信技術(IT)革命や自衛隊の役割の多様化を受け、民間の優れた専門技能を有効に活用し得るよう予備自衛官制度へ公募制予備自衛官補制度)を導入しました。