HOME ≫ 自衛隊を知りたい

企業に役立つ退職自衛官

 

自衛官は、わが国の平和と独立を守るという国民から託された重要な任務を全うするため、

 

日夜真剣に職務と訓練に従事しています。

 

職務と訓練は広範なジャンルにわたり、多くの職種・職域にまたがっています。

 

自衛官は制度上、幹部・曹クラスで50歳台前半、士は20歳台前半という年齢で退職します。

   

自衛隊退職者は幹部・曹クラスでも働き盛りであり、技能と精強さに加え、

 

職務遂行と教育訓練によって培われた企画力・指導力・実行力・協調性・責任感などに

 

優れていると高い評価を受けています。

 

この資質と能力は、いずれの分野でも必ずや、お役に立つものと信じます。


   
 

● 素 養

定  年  退  職 任期満了退職
幹   部 准 尉 ・ 曹
 リーダーシップを身につけた管理者

 *すぐれたリーダーシップ
 *科学的管理技能
 *総合判断力と企画力
 実行力ある現場監督者

 *部下の教育指導能力
 *強い責任感と不屈の精神力
 *技術のエキスパート
 規律正しい実行者

 *遵法精神と強い責任感
 *忍耐力・実行力と協力心
 *強靭な体力と技術の素養

 

● 退職年齢

< 定年退職 >





将 ・ 将 補 60歳
1   佐 56歳
2   佐 55歳
3   佐
1・2・3尉 54歳

准     尉 54歳
曹   長
1    曹
2    曹 53歳
3    曹


< 任期制 >

1任期満了退職者 平均20歳
2任期満了退職者 平均22歳


NEW平成29年度岩手県任期制隊員合同企業説明会

 自衛隊岩手地方協力本部は、平成29年8月10日(木)盛岡グランドホテルにおいて、岩手県内に再就職を希望する陸・海・空の自衛官に対する「岩手県任期制隊員合同企業説明会」を実施しました。
 本会において、32名の参加者全員は、各種企業の情報等を直接隊員へ提供し新たな職場での活躍と成長の場を支援するとともに具体的な再就職の準備を推進することが出来ました。
参加企業に対する挨拶 企業面談1
企業面談2

29年度即応予備自衛官雇用企業主等の訓練見学(29.6.4)

第38普通科連隊による訓練概要説明 戦闘防御訓練について説明を受ける参加者
 6月4日(土)、岩手駐屯地及び岩手山演習場において、即応予備自衛官の訓練担当部隊である第38普通科連隊(多賀城駐屯地)の協力により、即応予備自衛官雇用企業主等の訓練見学を実施し、県内から6社13名の方々に参加していただきました。
即応予備自衛官から説明を受ける参加者
参加企業と雇用即応予備自衛官との昼食会 装備品を手に触れ体験する参加者
    
 今回参加していただいた雇用企業等は、相光電気蒲l(盛岡市)、第一商事蒲l(盛岡市)、博電社蒲l(盛岡市)、三八五通運蒲l(紫波町)、潟帥Zキ東北岩手支社様(花巻市)、シチズン時計マニュファクチャリング鞄喧k北上工場様(北上市)でした。
ありがとうございました。 

 今回参加できなかった企業の皆様、次回は7月8日(土)も訓練見学がございますので、是非ご参加いただき、即応予備自衛官が頑張っている姿をご覧下さい。
見学会参加者全員による記念撮影

平成29年度岩手県部隊長等就職援護会同

 自衛隊岩手地方協力本部は、平成29年4月17日(月)、岩手駐屯地において「岩手県部隊長等就職援護会同」を実施しました。本会同は、県内に所在する陸上自衛隊岩手駐屯地及び航空自衛隊山田分屯基地の部隊長等と、募集・援護情報に関する意見の交換及び業務要領等の連絡調整を行い、募集・就職援護業務の円滑化を図ることを目的としております。
 本会同において、自衛隊岩手地方協力本部より平成28年度の募集・援護業務の実施成果及び平成29年度の重視施策等について、また、自衛隊援護協会仙台支部より平成28年就職援護状況(東北地方全般及び岩手県との比較)の説明を実施しました。
会同の趣旨説明
(本職)
東北地方全般及び岩手県の比較
(援護協会仙台支部長)
会同の様子

平成28年度第3回陸士就職補導教育

 自衛隊岩手地方協力本部は、平成29年3月6日(月)、岩手駐屯地において「第3回陸士就職補導教育」を実施しました。
 この教育では、今年の春に自衛隊を退職予定の20歳から24歳の隊員に対して、部外講師を招き民間企業等への再就職に必要なビジネスマナー等の指導をいただきました。
 自衛隊では、この他にも退職予定隊員に対する再就職への心構えや企業研修等の各種教育を行っております。
<基本的な挨拶> <電話応対>
<席次マナー> <名刺交換>

【講師:株式会社aiびじねす 中村夢美子氏】

平成28年度任期制隊員ライフプラン集合訓練

 自衛隊岩手地方協力本部は、平成28年5月18日(水)から20日(金)の3日間、岩手駐屯地において「任期制隊員ライフプラン集合訓練」を実施しました。この集合訓練は、入隊後2年を経過した任期制隊員(主に20歳〜22歳)を対象に、自らの意志による人生設計を確立させるとともに、職業選択や資格取得等の能力開発の自助努力を促進することを目的としています。       
 自衛隊では、隊員自ら自身の将来・進路について考えるためのプログラムを実践しています。
「ライフランの意義と重要性」等について説明受け
部外カウンセラーによる講義 女性隊員を対象としたセミナー
ライフプラン表の作成 グループ討議の様子

平成28年度岩手県部隊長等就職援助会同

 自衛隊岩手地方協力本部は、平成28年4月15日(金)に「岩手県部隊長等就職援助会同」を実施しました。本会同は、県内に所在する陸自岩手駐屯地及び空自山田分屯基地の部隊長等と、就職援助業務に関する意見交換及び業務要領等の連絡調整を行い、今後の就職援助業務の円滑化を図ることを目的としております。
 平成27年度の就職援助実施成果及び平成28年度の重視施策及び主要事業等の説明のほか、退職自衛官無料職業紹介所の自衛隊援護協会仙台支部長による東北全般と岩手県との就職援助状況についての比較説明、並びに地本の募集及び予備自衛官等業務に対する部隊との更なる連携強化について意見交換を実施しました。
会同の趣旨説明(本職) 会同の様子 その1
就職援助業務説明(地域援護センター長) 東北と岩手県の比較(援護協会仙台支部長)
会同の様子 その2 自衛官募集業務説明(地本募集課長)

平成27年度第3回陸士就職補導教育

 自衛隊岩手地方協力本部は、平成28年3月2日(水)に「第3回陸士就職補導教育」を実施しました。本教育において、平成28年3・4月に任期満了等により退職を予定している隊員に対し、「予備自衛官等採用手続きの説明」及び民間企業講師による「ビジネスマナー教育」を実施することで、予備自衛官等志願手続き等について周知徹底を図るとともに、民間企業就職に必要な知識・電話応対能力等を付与することができました。
予備自衛官等採用手続き説明の様子 部外講師によるビジネスマナー教育
席次マナーに関する発表 電話応対の模擬実習
名刺交換の様子(その1) 名刺交換の様子(その2)

岩手県自衛隊退職者雇用協議会自衛隊等施設研修支援

 岩手地域援護センターは、平成27年11月26日(木)〜27日(金)の間、陸上自衛隊岩手駐屯地及び航空自衛隊三沢基地において行われた、岩手県自衛隊退職者雇用協議会自衛隊等施設研修を支援しました。
 26日は、戦車射撃競技会、炊事競技会等を見学し、日頃の訓練成果を100%発揮すべく活動する隊員の雄姿を見学されておりました。また、翌日27日は、三沢基地において、管制塔内の緊張感ある勤務風景やF−2戦闘機を間近で見学し、普段目にすることの無い機材・装備品に触れ、自衛隊・自衛官の有用性についてより一層理解を深められておりました。

 参加企業様
(社福)岩手更生会障害者支援施設緑生園、岩手ニチレキ梶A鰹髢k自動車 東洋ワークセキュリティ梶Aトラストテック梶A湊運輸倉庫梶@※アイウエオ順
   

岩手県自衛隊退職者雇用協議会宮古地区懇談会

 平成27年11月3日(火)宮古市内において、岩手県自衛隊退職者雇用協議会主催による『宮古地区懇談会』が、宮古地区会員9社の企業様の参加で開催されました。   
 当地方協力本部は、防衛講話、自衛隊の概要・退職自衛官の人材活用等、予備自衛官等制度、自衛官の募集に関する説明を実施するとともに、ご質問に回答し、参加企業の皆様は、自衛官の有用性について理解を深められておりました。その後、企業様と地方協力本部員との意見交換会が実施され、様々な情報交換が行われるなど、更なる融和団結を図る有意義なものとなりました。
 また、地区懇談会開始前には、宮古港に停泊中の海上自衛隊試験艦「あすか」を見学し、海上自衛隊の活動等や艦内の各施設について説明を受けられると、「丁寧な説明で大変分かりやすかった。普段見ることができない自衛隊の船の中を見られて感動した。」等々のお声を頂き、実りある広報が実施できました。

※参加企業様:宮古ヤクルト販売梶A巨V生警備保障、泣zテル近江屋、宮沢自動車塗装求A小野新建設梶A葛e地建設、沢与建設梶A長沢産業梶A陸中建設梶i順不同) 

掃海艇研修

 援護課及び援護センターでは、平成27年8月1日(土)宮古市藤原埠頭で行われた、掃海艇公開に 岩手県自衛隊退職者雇用協議会会員企業4社「(株)トークス様、アリス(株)様、マックトータルサ ービス様、(有)新生警備保障様」を御案内し研修して来ました。
 本年度宮古市では、宮古港開港400周年記念として4月より様々なイベント事業を行っており、市は活気に溢れておりました。当日は、猛暑でしたが海上自衛隊の概要及び掃海艇の活動を聞き入る皆様 の姿は、幼少の頃のようでした。また、「掃海艇艦内の様子が垣間見れて大変光栄に思います。」と感
激されていました。

岩手県自衛隊退職者雇用協議会釜石・気仙地区懇談会

岩手県自衛隊退職者雇用協議会主催による『釜石・気仙地区懇談会』が、平成27年7月11日(土)釜石市内のホテルにおいて、釜石・気仙地域8社※の企業様の参加で開催されました。   
 自衛隊岩手地方協力本部は、防衛講話、自衛隊の概要・退職自衛官の人材活用等、予備自衛官等制度、自衛官の募集に関する説明を実施しました。参加企業の皆様は、自衛官の有用性について効果的であるとの認識を持たれていました。また、意見交換会においては、様々な情報交換が行われ、企業様と地方協力本部員との更なる融和団結を図る有意義な交換会となりました。

※参加企業様:岩手県南運輸梶A滑石総業、鎌田水産梶A産業振興滑石事業所、設楽電気梶A東洋ワークセキュリティ滑石営業所、東陵総業梶A潟}イヤ (順不同) 

第1回陸士就職補導教育

 7月7日(火)から8日(水)の間、陸上自衛隊岩手駐屯地及び部外施設において、平成27年度第1回陸士就職補導教育を実施しました。この教育は、 21歳から23歳の今年度任期満了等により退職予定隊員に対し、社会・労働情勢等職業選択に必要な知識を付与するためのものであり、岩手県の雇用情勢や予備自衛官等制度の説明のほか、部外講師による講話、県内に所在する企業(岩手基礎工業梶A岩手三八五流通梶jを訪問・研修しました。

退職自衛官を雇用する企業からのコメント


再就職企業名
職務
最終勤務地
入社日
株式会社
三八五流通
運行
管理課長
陸上自衛隊
岩手駐屯地
 
退職者 小野寺健晋 企業コメント 
 私は、平成22年8月岩手駐屯地業務隊勤務を最後に定年退職いたしました。 
 日本の経済や生活を支える物流は、機敏で利便性が高いトラック輸送が圧倒的に占めており、テレビや ラジオのCMでも放送されているとおり 「もしもトラックが止まったら?」 食料品・日用品・各種資材・燃料等が届かず、大混乱に陥ることは、東日本大震災時を思い出していただければご理解できると思います。
 私の勤務している岩手三八五流通(株)は、首都圏や北東北3県へトラックを利用し、荷主様からお預かりした大切な荷物を安全・確実に運送している会社です。
 「安全で安心な輸送サービス」 に微力ながら貢献できるよう勤務しています。
 また、弊社には、定年・任期満了退職自衛官が10数名、三八五流通グループ各社にも大勢の退職自衛官が勤務・活躍しています。 自衛隊の皆様には、これからも度々お世話になると思いますがよろしくお願いいたします。

退職自衛官を雇用する企業からのコメント

再就職企業名
職務
最終勤務地
入社日
 株式会社
三八五流通
運輸業 陸上自衛隊
岩手駐屯地
平成17年8月
退職者 小笠原朋彦 企業コメント 
   私は、平成17年7月に任期満了退職をし、翌月より岩手地域援護センターの協力により岩手三八五流通(株)に勤務をし、現在に至っております。
 その間配車担当、営業課、ロジ(倉庫)にての 仕分け、配送センター責任者、、引越においては、作業員から見積もりまでと、沢山の経験をし日々勉強中であります。
 弊社は自衛隊から毎年任期制隊員が入社し多くの仲間が活躍していますし、私自信楽しく勤務させていただいております。
 弊社のスローガンは 「進取」であります。
 私自信新しいことに取組み、自分の為に精進している所存でございます。

退職自衛官を雇用する企業からのコメント


再就職企業名
職務
最終勤務地
入社日
 北上ロード(株) 高速道路
維持作業員
陸上自衛隊
岩手駐屯地
平成25年7月1日
退職者 瀬川 勝大 元 士長
(9特1大1中)
企業コメント 
   北上ロード株式会社は、盛岡市に本社を構え東北自動車道の花巻IC〜安代JCTから浄法寺ICまでの八戸自動車道の一区間、合計100kmに及ぶ区間の道路維持作業を担っています。
 東北の物流の要、また日常生活の重要なライフラインを安全に社員一丸となって維持作業に取り組んでいます。
 そんな我々の仲間になって9ヶ月が経ちます。まじめに物怖じすることなく先輩とのコミュニケーションも積極的にとり、日々明るく仕事に取り組んでいます。
 特に、天候に左右され常に緊急対応を求められる雪氷対策作業は昼夜を違わず一生懸命取り組みました。無線の送受信、作業装置の操作、作業車両や重機の助手、巡回車両の運転手、様々な記録書類の作成など覚えることも多く、これまでにない冬を経験したと思います。
 また、これまでの仕事ぶりを振り返ると「自ら考え、動く意思と実行力」「わけ隔てないコミュニケーションと協調性」そして何より「探究心、好奇心、意欲」がある。そうゆうところがバランスよく備わっていると感じます。これからまた更に努力を重ね我が社の先立ちとなれるように励んでくれるものと期待しています。
盛岡事務所  所長  山 本 雅 彦

退職自衛官を雇用する企業からのコメント


再就職企業名
職務
最終勤務地
企業コメント
新栄重機建設工業
(株)
土工 陸上自衛隊
岩手駐屯地
重機を使った抗工事、改良工事の現場作業員、
重機操作員として従事しています。

業務は、安全性、確実性を要求されますが、
的確な作業を行って他の模範となって
頑張っています。

若いとはいえ、無理せず今後とも健康と安全に
留意され、さらなる飛躍を期待しています。


H25.4.1 入社


再就職企業名
職務
最終勤務地
企業コメント
(株)CMI 機械整備、保守、運転 陸上自衛隊
岩手駐屯地
医療機械関係の保守整備運転を
担当していただいております。

仕事に対する姿勢がとても厳しく、
かつ積極的に勤務されております。

非常に大切な存在の方です。

今後とも健康に留意され、引き続き頑張っていただきたいと思います。

H23.6.24 入社



トップページへ