HOME ≫ 自衛官になりたい

階級章

下の表で自衛官の階級章の見方をご紹介させていただきます。
一言で階級、階級章といっても、自衛官の階級は、それぞれの身分ごと
2士から将まで 16階級に分かれています。

ここでご紹介するのは、陸上・海上・航空各自衛官の階級及び階級章の種類です。
このうち3尉以上の8階級を幹部自衛官といいます。

自衛隊の幹部自衛官ってなんですか?
幹部自衛官は、部隊の骨幹と言われ、強い責任感と実行力で部隊を指揮する立場にあり、卓越したリーダーシップが必要となります。
近年における技術革新や国際化、価値観の多様化といった社会状況や、大規模災害や国際平和協力業務への関わりといった、自衛隊をめぐる内外の変化に柔軟に対応し得る優れた幹部自衛官がますます求められています。

下の階級章の「尉官」以上が幹部ということになります。

自衛隊の曹ってなんですか?
曹の役割については、従来から、
小部隊のリーダー及び専門分野に精通した技能を有するものであるとともに、
士を直接指導し、幹部を補佐する部隊の基幹要員として位置付けられています。


その資質・能力は部隊の精強性等に大きな影響を与えます。
さらに、任務の多様化、装備の高度化に伴い、より高い専門性が要求されることから、
曹としての任務遂行に必要とされる高い能力が求められています。

下の階級章の「准尉」以下が曹ということになります。


自衛隊呼称
(※外国軍人呼称)
陸上自衛隊
JGSDF
海上自衛隊
JMSDF
航空自衛隊
JASDF
定年
幹部 将官 幕僚長
(大将)
陸上幕僚長
海上幕僚長
航空幕僚長
60

(中将)
陸将
海将

将補
(少将)
陸将補
海将補
空将補
佐官 1佐
(大佐)
1等陸佐
1等海佐
1等空佐
56
2佐
(中佐)
2等陸佐
2等海佐
2等空佐
55
3佐
(少佐)
3等陸佐
3等海佐
3等空佐
尉官 1尉
(大尉)
1等陸尉
1等海尉
1等空尉
54
2尉
(中尉)
2等陸尉
2等海尉
2等空尉
3尉
(少尉)
3等陸尉
3等海尉
3等空尉
准尉 准尉
(准尉)
准陸尉
准海尉
准空尉
曹士 曹長
(上級曹長)
陸曹長
海曹長
空曹長
1曹
(曹長)
1等陸曹
1等海曹
1等空曹
2曹
(軍曹)
2等陸曹
2等海曹
2等空曹
53
3曹
(伍長)
3等陸曹
3等海曹
3等空曹
士長
(上等兵)
陸士長
海士長
空士長
-
1士
(1等兵)
1等陸士
1等海士
1等空士
-
2士
(2等兵)
2等陸士
2等海士
2等空士
-

・自衛隊と外国の軍隊とでは制度が異なるため、正確な対比はできません。( )内は一例
・「※」は、統合幕僚長又は陸上、海上、航空幕僚長
・統合幕僚長の定年は、年齢62歳
・医師、歯科医師及び薬剤師である自衛官並びに音楽等の職務に携わる自衛官の定年年齢は別に定められている。

                                        
トップページへ