予備自衛官制度|茨城地方協力本部

予備自衛官等について

予備自衛官制度

防衛招集命令、国民保護等招集命令及び災害招集命令を受けて自衛官となり、第一線の部隊が移動した後の駐屯地警備、後方支援、第一線部隊の補充要員等、避難住民の救護・誘導等、災害救助活動の任務にあたります。
普段は、社会人としてそれぞれの職業に従事し、企業などの一員として勤務しつつ、年間5日間の訓練に参加します。
いざという時は、自衛官としてわが国の防衛等に貢献します。また、災害招集等で社会に貢献します。

予備自衛官の処遇

予備自衛官手当

月額:4,000円 予備自衛としての手当が支給されます。


訓練招集手当

日額:8,100円  訓練招集に応じると手当が支給されます。


被服及び食事

訓練招集期間中に必要な被服等は貸与され、食事も支給されます。


訓練招集旅費

訓練参加のための往復旅費が支給されます。


災害補償

公務に起因する災害(負傷、疾病、障害、死亡)については、現職の自衛官と同様、本人又はその遺族に対し、補償を行います。


永年勤続者表彰

予備自衛官として永年(5年、10年、20年、30年)勤務した者は表彰されます。

防衛招集等により自衛官となった場合は、自衛官の給料が支給されます。


応募資格

元自衛官から

対象者 自衛官として、1年以上勤務した者で、退職時の年齢が、それぞれの階級に応ずる年齢未満の者
(海上自衛官・航空自衛官を含む)
階級 2佐 3佐 1尉 2尉 3尉 准尉 曹長 1曹 2曹 3曹 士長 1士 2士
年齢 57歳未満 56歳未満 55歳未満 37歳未満

階級のほか、職種により、採用年齢は異なります。

自衛官未経験者から

予備自衛官補として採用後、所定の教育を経た後、予備自衛官として任用されます。


採用

  1. 本人の志願に基づき、選考により採用します。
  2. 採用時に階級、職種、特技及び訓練招集部隊が指定されます。
  3. 採用者には、採用決定後、本人に採用通知(辞令書の交付)をします。

任用期間

1任期:3年(継続任用も可能です。) ※上限年齢:最終継続任用は60歳未満

各種届出

種類 添付書類 意味・目的
住所変更届 住民票(免許証のコーピー可) 連絡手段の確保
長期休養届(心身障害) 医師の診断書 招集訓練等の応諾確認
招集連絡人指定(変更)届・招集連絡人指定同意書 予備自衛官の所在を明らかにしておく者として、指定された方の事(原則的に成年者以上の同居の親族)
死亡(住所不明)届 ※ 医師(警察署長)の証明書) 人員管理
欠格事由書届 ※ 招集訓練等の応諾確認
長期不在届 招集訓練等の応諾確認
改氏名届 戸籍謄本 連絡手段の確保
手当受領希望届 通帳コピー 手当振込先を指定(確認)するため
申出書 理由を証明するのに十分な書類 正当な理由のため訓練招集に応じられない場合

※必要な場合は自衛隊茨城地方協力本部援護課予備自衛官室まで御連絡ください。

予備自衛官訓練風景

平成29年度 予備自衛官招集訓練日程

予備自衛官からのコメント