自衛隊を知りたい

海賊対処への取組

ソマリア沖・アデン湾における海賊対処

ソマリア沖・アデン湾の海域は、年間約1,600隻の日本関係船舶が通行するなど、日本の暮らしを支える重要な海上交通路ですが、機関銃やロケット・ランチャーなどで武装した海賊による事案が多発・急増しました。
自衛隊は海賊対処法(平成21年7月施行)に基づき、派遣海賊対処行動水上部隊(護衛艦2隻)を派遣し、この海域を通行する船舶の護衛を実施するとともに、広大な海域における海賊対処をより効果的に行うため、派遣海賊対処行動航空隊(固定翼哨戒機2機)を現地(ジブチ共和国)に派遣して海賊の監視警戒を実施しています。  2011(平成23年)年6月からは、派遣海賊対処行動航空隊を効率的かつ効果的に運用するため、ジブチ国際空港北西地区に活動拠点を整備し運用しています。
平成25年年7月、海賊対処を行う諸外国の部隊と協調して、より柔軟かつ効果的な運用を行うため、これまでの直接護衛に加え、CTF151(Combined Task Force151)に参加してゾーンディフェンスを実施することを決定し、水上部隊は、同年12月からゾーンディフェンスを開始しています。  
また、平成26年2月からは航空隊もCTF151に参加し、各国の航空部隊の運用方針や海賊対処に資する情報分析など、これまで接することのできなかった情報を入手することが可能となり、各国の部隊との連携が強化されることとなりました。  
さらに、同年7月には、自衛隊からCTF151司令官と同司令部要員を派遣する方針を決定し、同年8月から司令部要員を派遣しているほか、平成27年5月にはCTF151司令官および約10名の司令部要員を派遣しました。

自衛隊が海賊対処行動を行うために必要な業務を行う派遣海賊対処行動支援隊は、海上自衛官と陸上自衛官により編成され、陸上自衛官は活動拠点におけるP-3C哨戒機やその他の装備品の警備を行っているほか、同隊の司令部要員としても活動しています。このほか、航空自衛隊も、本活動を支援するため、C-130H輸送機やKC-767空中空輸機・輸送機からなる空輸隊を編成し、輸送任務を行っています。

警戒・護衛について

現在、2隻の護衛艦が派遣されており、基本的に1隻がアデン湾を往復しながら直接護衛を行い、もう1隻がアデン湾内の特定の海域でゾーンディフェンスを行っています。
直接護衛では、まずアデン湾の東西に一か所ずつ定められた地点に、護衛艦と護衛対象の民間船舶が集合します。 アデン湾を護衛船団が航行する際には、船団を護衛艦が守るとともに、護衛艦に搭載された哨戒ヘリコプターも上空から船団の周囲を監視しています。
一方、ゾーンディフェンスでは、CTF151司令部との調整に基づき護衛艦が担当する海域が割り振られ、護衛艦がその海域の中にとどまって警戒監視を行うことで、わが国を含む各国船舶の安全を高めることに貢献しています。

ジブチ共和国に活動拠点を置く哨戒機(P-3C)も、優れた航続力発揮して、広大なアデン湾の警戒監視を行っています。 ジブチを飛び立ったP-3Cは、アデン湾を航行する無数の船舶の中に不審な船舶がいないかどうか確認作業を行っています。同時に、護衛活動に従事する護衛艦、他国の艦艇および周囲を航行する民間船舶に対して情報提供を行い、求めがあればただちに周囲が安全かどうか確認するなどの対応をとっています。

派遣海賊対処行動 活動の様子

派遣海賊対処行動水上部隊
派遣海賊対処行動航空隊

ページトップへ