Tel:082-221-2957

退職自衛官の再就職

(1) 優れた資質と技能を持つ、退職自衛官
  自衛官は、国の平和と独立を守るため日夜職務と訓練に精励しています。
その精強性を維持するために、若年定年制(大半が54~55歳)及び任期制(大半が20歳代前半)がとられています。 また、退職自衛官は鍛え抜かれた心身と、職務により培った知識・技能を持っています。

(2) 自衛隊における再就職援護の必要性
  自衛官が安心して任務に励むとともに、その志気を高め、優れた人材を確保するためにも「就職援護」は重要な施策です。 広島地方協力本部では、財団法人自衛隊援護協会広島支部と連携し、退職予定自衛官の再就職を支援しています。

(3) 現職自衛官(定年及び任期満了予定者)の方へ
  援護相談を希望される方は下記へご連絡ください。

 自衛隊広島地方協力本部 援護課
 〒730-0012
 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎4号館6階
 Tel 082-221-2959

求人情報の流れ

退職自衛官の再就職を援護する組織は、次のようになっております。
財団法人・自衛隊援護協会とは
  援護協会は、退職自衛官の再就職を支援することを目的とした防衛省所管の公益法人です。
援護協会は、本部と7支部(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡)からなり、各支部ごとに厚生労働大臣の許可を受けて「退職自衛官無料職業紹介所」を開設し、自衛隊援護機関、職業安定機関や、企業等と密接な連携をとりながら退職する自衛官へ向けての無料職業紹介事業を行っています。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP