予備自衛官制度

予備自衛官とは

防衛招集命令、国民保護等招集命令及び災害招集命令を受けて自衛官となり、第一線の部隊が移動した後の駐屯地警備、後方支援、第一線部隊の補充要員等、非難住民の救護・誘導等、災害救助活動の任務にあたります。予備自衛官として必要な知識・技能を維持するため、年間5日間(自衛官を退職後1年未満に採用された者の初年度は1日間)の訓練に参加します。


予備自衛官の処遇

処    遇
身   分 非常勤の特別職国家公務員
手   当 予備自衛官手当 月額:4,000円  年間:48,000円
訓練招集手当   日額:8,100円(年間5日間訓練に出頭すると40,500円支給)
 補   償  公務上に起因する負傷、疾病、障害又は死亡の場合の補償は、自衛官と同様に実施されます。
そ の 他 訓練招集に応じた場合、必要な被服が貸与され出頭のための往復旅費及び食事が支給されます。

予備自衛官の採用資格等

資    格
対 象 者 自衛官として1年以上勤務した者で、それぞれの階級に応ずる年齢未満の者(海上自衛官、航空自衛官を含む。)
職種により一部の自衛官は、採用年齢が異なります。(音楽科、警務科)
所定の教育訓練を終了した予備自衛官補
採用資格年齢
階   級 2〜3佐 1〜3尉、准尉、曹長、1曹 2〜3曹 士長、1〜2士
年   齢 57歳未満 56歳未満 55歳未満 37歳未満
 採   用  本人の志願に基づき、選考により採用します。
採用時に階級、職種又は特技区分及び訓練招集部隊が指定されます。
採用者には、採用決定次第、本人に採用通知(辞令書の交付)をします。
任用期間 1任期:3年(継続任用も可能)
上限年齢:最終継続任用は61歳未満