自衛官になりたい

入隊者の声


  僕は平成三十年度から防衛大学校に入り一年生です。
  防衛大学校は、日本有数の文武両道の学校です。将来の幹部を養成するための毎日の厳しい訓練や生活を送っていますが、僕の人生の中で最も濃い四年間になることは間違いありません。
  とても厳しい生活を送っていますが、濃密な経験と忘れることのできない友をつくることができる防大に入学することを強く勧めます。
皆さんの中で、少しでも防衛大学校に興味を示す人がいましたら、ぜひ受験を考えてみて下さい。僕ら防大生は、どの大学よりも意味のある大学生活を送ろうとしている新入生を歓迎し、心待ちにしています。
           
防衛大学校


  こんにちは、私はこの度第2教育群に入校しました渡辺です。
  ここに入校するにあたって初めはどのような所だろう、どのような人が居るのだろうと不安はありましたが、入校してみると心優しい人が多く環境も整っており、とても馴染みやすいと思いました。
  自衛隊というと凄く厳しいというイメージがあると思いますが、真剣に全力で取り組んでいれば充実した生活を送ることができると思います。
  皆様のご入隊を心よりお待ちしております。
 
一般曹候補生(航空)


  私は、航空自衛隊第11期空曹候補生として入隊しました。
  第一に思った事は、努力が報われる場所だということです。そして、どんな才能でも発揮できる場所が自衛隊にはあります。自衛隊は、人数が多い組織で、体力、知力全てが十人十色です。しかしそれ故に組織の一員として自分を磨く事が出来ます。
  物事の合理、理由などを考える機会は多く、日々新しい発見が多いのでとても楽しいです。
何より俸給の重さを身をもって知れた事は私の社会人としての第一歩になりました。
 
一般曹候補生(航空)

 
 
自衛隊では最初に三ヶ月間研修があります。研修では一日のスケジュールがとても大変ですが、毎日充実した生活ができます。
辛い時もありますが仲間と支え合いながら互いに成長できるところがとても良いところだと思います。
  自衛隊の生活の中で大事なことは仲間との協力、支え合いだと思います。一人が出来なければ皆一緒に出来るようにならないといけないので、人との協力は大事だと思います。
  自衛隊といえば戦場などに行って戦うというイメージがあると思いますが、その為にもいざとなった時に仲間を守れるような絆が必要だと思います。
  自衛官を目指している方、大変なことも多々ありますが、是非来て下さい。待ってます。
一般曹候補生(航空)

 
  私は入隊してまだ一ヶ月程しか経っていませんが、かなりの事を学びました。確かに辛いこともあるけれど、同期という存在があるおかげで毎日頑張れています。
  この仕事の魅力としては、国を守る仕事に携わるということと、仲間の存在の偉大さを感じられることだと思います。
もし、就職に悩んでいる方は、是非自衛隊に入隊してほしいです。
入隊すれば楽しさがわかります。
自衛官候補生(航空)

 
  初め自衛隊は団体生活の中で厳しく生活していると思いがちですが、実際は団体だからこそ厳しくても楽しくメンバーと日々を暮らしているので少し困ってたり、「団体で生活出来るかな」と不安に思っている人がいたら、全く問題ないので安心して挑戦してみて下さい。
  自分は、コミュニケーションが苦手だったけど何とかなったので、皆さんも頑張って受験をしてみて下さい。
一般曹候補生(陸上)

 
 
私は今、札幌市真駒内にある真駒内駐屯地の120教育大隊に所属し、前期教育を受けています。
  自衛隊に入る前、私は不安で胸がいっぱいでしたが実際に来てみると不安はすぐに晴れました。まず、着隊初日で同室の同期とはすぐに仲良くなることが出来ました。次の日には沢山の同期達と会話をし、交流することが出来ました。
  コミュニケーションをとることが苦手な人でもこの空気の中ではすぐに友達ができ、より多くの仲間を得ることができると思います。
一般曹候補生(陸上)
 
  私は今、自衛官候補生の前期教育というものを受けています。  毎日覚える事、する事が多く一日が早く過ぎてしまいます。今はあまり自由な時間は無いですが、それを我慢する事が出来れば自分に返って来ると思います。
  そこで大切だと思ったのは同期です。助け合い、笑い合ったりするのは同期だからです。
  他の仕事の話を聞いた事はありますが、自衛隊ほど良い職場は無いと思います。
自衛官候補生(陸上)

  私は東日本大震災や熊本地震などがあり、そのたびに陸上自衛隊を見て凄く格好良いなと思い入ろうと思いました。
そして陸上自衛隊は色々な資格も取れますし、生き甲斐も感じます。
  私は人を助けたいと思い陸上自衛隊に入隊しました。少しでも社会貢献できるように同期と毎日切磋琢磨しています。
  私のように少しでも陸上自衛隊に入りたいと思ったら、一緒にこの日本を守りましょう。
 
自衛官候補生(陸上)

  私は高校時代に吹奏学部に所属していたため、体力にあまり自信がありませんでしたが、毎日の行進や体育等の時間で仲間と支え合って自分を成長させることができるので、私のように体力に自信のない人でも大丈夫です。
  寮の生活は最初は慣れないかも知れませんが、一週間もあればすぐに慣れるので安心して下さい。大変な時は仲間が助けてくれるし、一緒に頑張って毎日を過ごせるのでとてもやりがいのある仕事だと思います。
  遺愛高校から、函館から、たくさんの新隊員をお待ちしています。
一緒に頑張りましょう。
自衛官候補生(陸上)