TOP >平成30年度 第2回 親子プラモデル教室


平成30年度 第2回 親子プラモデル教室   平成30年 4月 17日更新



  今回 作成するプラモデルは「F-2戦闘機」の予定です。

  親子(1組)にプラモデル1セットを無料提供し作成していきます。
  親(1名)子(1名)の参加を前提としていますが、他に同伴者がいる場合は問合せ先にご連絡ください。
  (乳幼児の同伴につきましては、申し訳ありませんがご遠慮いただきます。)
  なお体験喫食を希望される方は、383円/1人をご用意ください。

  ご応募心からお待ちしています!!





 ※ご応募の際にご提供いただいた個人情報は、ご連絡のための範囲内で使用いたします。
   同意なく利用目的以外の目的では利用いたしません。

 PDFデータのダウンロードはこちらをクリック→



 ※応募に関するご注意
   ・応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
   ・当選者へは、ご連絡(メール又は、電話)を6月5日までに差し上げます。
   ・当選された場合は、自衛隊の立入申請書等の記入がありますのでご了承ください。
    (申請書の記載を拒否された場合、当選は取り消しとなります。)
   ・部隊(自衛隊)の都合により、中止になる場合があります。
   ・ペットは、基地内へは入れません。(持ち込み不可)
   ・危険物(カッター、はさみを含む刃物類、スプレー等)の持ち込みはご遠慮ください。


■ 官製はがきでの申し込み方法


 官製はがきにて自衛隊岐阜地方協力本部宛に以下の内容をご送付ください。
 (往復はがきでの応募は無効となります。ご注意ください。)
 【①郵便番号 ②住所/本籍 ③氏名(親)/年齢/性別 ④氏名(子)/年齢/学年/性別 ⑤電話番号 ⑥備考(駐車場希望等)】
 ※30年5月31日必着




■ E-メールでの申し込み方法


 「recruit1-gifu@pco.mod.go.jp」宛てに以下の内容をご送付ください。
 タイトル【第2回 親子プラモデル教室係】
 本文【①郵便番号 ②住所/本籍 ③氏名(親)/年齢/性別 ④氏名(子)/年齢/学年/性別 ⑤電話番号 ⑥備考(駐車場希望等)】

 →メールは こちらへ!


■ 問い合わせ先

 ☎:058-232-3127 (募集課 齋藤)
 ✉:recruit1-gifu@pco.mod.go.jp


■ 協賛


 今回の企画をサポートしていただきます!






前回『親子プラモ教室』の様子

 平成30年3月4日()、航空自衛隊岐阜基地において「親子プラモデル教室」を開催しました。
 このイベントは、航空自衛隊の現有装備品である航空機のプラモデルを親子で作ってもらうという企画で、岐阜地本としては初の試みでした。
 当ホームページにて参加者を募ったところ、岐阜県だけでなく、遠い所では東京からも参加いただきました。
  イベント当日は、岐阜基地(第2補給処)及び飛行開発実験団の全面的バックアップを得て、イベント開始に先立ち平元岐阜基地司令から来基歓迎のあいさつ後、完成品をイメージしてもらうためにこの日作成するプラモデル「F-4EJ(改)戦闘機」の実機を見学しました。この機体は岐阜基地60周年と各務原飛行場100周年を記念した飛行開発実験団のスペシャルマーキング機で、胴体下面にペイントされた「各務原 飛行場 百周年」の文字を覗き込み歓声を上げる参加者も多く見受けられました。
  (株)リッチの内海氏からご紹介いただいた有志のプロモデラーにも講師として参加いただき、プラモデル作成上の注意点やコツを教えてもらいながら、親子でプラモデル作成に取り組みました。 プラモデル作成中には今瀬飛行開発実験団司令をはじめとした岐阜基地の隊員も会場へ駆けつけ、各職種の話を聞いたり会話を楽しむ機会もありました。短い時間でしたが、全参加者のプラモデルが塗装を除きほぼ完成の状態に至りました。
 最後に、今瀬飛行開発実験団司令からちょっとしたお土産として参加者に自衛隊グッズが手渡され、多くの隊員に見送られながら嬉しそうに帰路につきました。
 参加者からは『息子は隊員の方との会話がとても楽しかったようで「時間が足りない!」と言ってました。』、『東京から岐阜、遠いようですが基地に行ける嬉しさで全く苦ではなく、またこのようなイベントに参加したい。』などの声がありました。
 大好評につき、今後も継続していきたいと思います!

 当日の様子はこちら。↓
親子でプラモデルを作成中

プラモデル作成苦戦中

プロモデラーの技に皆興奮

航空自衛官による機体の説明
親子で共同作業
記念撮影


TOP >平成30年度 第2回親子プラモデル教室