ここから本文です

福岡地方協力本部紹介

業務内容

【 自衛官募集業務 】

−優秀な人材を求めています。−
福岡地方協力本部は、県下に12箇所の募集事務所及び案内所等を設置しています。
各窓口では、自衛官募集に関する諸業務等を行っています。
27年度は約750名の学生等が福岡地本を窓口に採用されました。
福岡地方協力本部組織図

関連リンク

【 援護業務 】

−退職自衛官の再就職を支援−
自衛隊は、任務の性格上、精強性を維持するため、一般公務員や企業と異なり、50歳代半ば(若年定年制)あるいは20歳代(任期制)で退職する任用制度を採っています。隊員が退職後の心配をすることなく任務に邁進できるようにするため、退職後の生活基盤確保のため就職援護の支援を実施しています。
  • 27年度実績(若年定年制+任期制)約310名
  • 任期制隊員を対象とした合同企業説明会 年2回

退職自衛官の雇用

  1. 自衛官の退職年齢
  2. 再就職のために自衛隊が実施している教育訓練
  3. 就職援護連携組織
  4. 退職自衛官の九州各県危機管理・防災関係就職状況
  5. 求人情報をお寄せ下さい

関連リンク

【 予備自衛官業務 】

−企業で働く予備自衛官のお世話をしています−
予備自衛官等招集訓練の連絡
予備自衛官手当等の支給
その他、予備自衛官等に関する諸業務

予備自衛官とは

普段は企業の一員として働きながら、いざという時のために必要な訓練に参加します。
もしもの時は、自衛官都市わが国の防衛または災害派遣で社会に貢献します。
福岡県では約1300名の予備自衛官等が各企業で活躍しています。

関連リンク

【 広報業務 】

−地域との理解と信頼のコミュニケーション窓口−
  • イベント情報 : 陸海空自衛隊の記念行事(航空祭)、
    音楽演奏会の紹介
  • 総合学習支援 : 学校に対する総合学習支援
  • 部隊見学 : 各部隊の施設、装備品等の見学
  • 体験搭乗 : 陸海空ヘリコプター等体験搭乗
  • 体験航海 : 自衛艦艇による一般公開、体験航海
  • その他 : 音楽演奏、防衛講話等の受付、広報誌の配布等

関連リンク

本部所持地
〒816−0078
福岡市博多区竹丘町1丁目12番
TEL・FAX 092−584−1881〜3
メールアドレス recruit1-fukuoka@pco.mod.go.jp

【 総合学習支援について 】

−「総合的な学習の時間」(文部科学省所管)への協力について−
自衛隊福岡地方協力本部では平成14年から実施されている「総合的な学習の時間」に対しの協力を各小・中高校生の要望に応じて実施しています。

協力内容

  • 自衛隊の概況を説明
  • 自衛隊の装備品及び基地内の見学
  • 自衛隊車両等の体験搭乗
  • 訓練の見学
  • 訓練の体験
  • 広報ビデオの上映
  • 隊員との懇談
  • 体験喫食 (食事代として386円いただいております)

申込み要領

まずは電話にて連絡を下さい。日程や人数を確認の後、部隊と調整を致します。
協力部隊との調整がつき次第、学校からの職場体験のお願い(校長名)の他に「総合的な学習の時間」に関する協力申込書に名簿を添えて福岡地方協力本部・広報室に提出をお願いします。
福岡地方協力本部 広報室
〒816−0078
福岡市博多区竹丘町1丁目12番
TEL・FAX 092−584−1883
メールアドレス recruit1-fukuoka@pco.mod.go.jp

【 情報公開について 】

関連リンク

以上が本文です