本文へスキップ

平和を守る、人になろう。

予備自衛官等制度

予備自衛官
即応予備自衛官雇用企業給付金制度
予備自衛官補

予備自衛官

 予備自衛官は、非常勤の国家公務員です。
普段は社会の一員としてそれぞれの職業に従事し、いざという時には速やかに出頭し、国の防衛等に貢献します。
 防衛招集・国民保護等招集・災害招集・訓練招集に応じて出頭し、第一線部隊が出動した時、駐屯地の警備および後方支援等の任務を行います。

訓練招集命令により、予備自衛官として必要な知識・技能を維持するため年間5日間の訓練を受けます。

予備自衛官5日訓練の様子

○採用について
☆対象者☆
・自衛官として1年以上勤務した者で、それぞれの階級に応ずる年齢未満の者(海上自衛官・航空自衛官を含む)
・予備自衛官補(一般・技能)の教育訓練を修了した者 

応募資格【年齢制限】
階級 2佐 3佐 1尉  2尉 3尉 准尉 曹長  1曹  2曹  3曹  士長  1士 2士 
年齢 57歳未満 56歳未満   55歳未満 37歳未満 

任 期
1任期3年(継続任用も可能)です。
上限年齢:最終継続任用は61歳未満です。

手 当
予備自衛官手当・・・月額4,000円(年額48,000円)
訓練招集手当・・・・・日額8,100円(年額40,500円)

即応予備自衛官

 普段は社会の一員としてそれぞれの職業に従事し、いざという時には速やかに出頭し、国の防衛等に貢献します。
 防衛招集・国民保護等招集・治安招集・災害等招集・訓練招集に応じて出頭し、第一線部隊の一員として、現職自衛官とともに任務を行います。

即応予備自衛官として必要な知識・技能を維持するため訓練招集命令により年間30日間の訓練を受けます。

○採用について
☆対象者☆
・自衛官として1年以上勤務した者または予備自衛官に任用されたことがある者で、次の条件を満たす者。
 1.陸上自衛官退職後1年未満または予備自衛官であること。
 2.退職時の階級が2尉以下であること。

応募資格【年齢制限】
階級 2尉 3尉 准尉 曹長  1曹  2曹  3曹  士長  1士
年齢 51歳未満   50歳未満 32歳未満 
任 期
1任期3年(継続任用も可能)です。

手 当
即応予備自衛官手当・・・・・・・月額16,000円(年間192,000円)
訓練招集手当・・・・・・・・・・・・・日額14,200円〜10,400円
1任期良好な成績の場合・・・勤続報奨金120,000円

雇用企業給付金制度

 即応予備自衛官を雇用する企業等の負担等に報いるとともに、即応予備自衛官として安んじて訓練及び災害等招集に出頭できる環境を整えていただくため、即応予備自衛官雇用企業給付制度を設けております。

@1週間の所定労働時間が30時間以上であること。
A1年以上引き続き雇用されることが見込まれること。
B即応予備自衛官が招集訓練及び災害等招集に応じる期間を特別休暇、勤務免除扱いとする等の措置を講ずることによって、人事考課上等不利益な取扱をしないこと。
C即応予備自衛官を雇用する企業等内において、即応予備自衛官制度等の周知に努めていただくこと。

予備自衛官
即応予備自衛官
お問い合わせ先
〒910-0019
福井県福井市春山1丁目1−54
福井春山合同庁舎10階
TEL:0776-23-1910
担当者:援護課予備自衛官班

予備自衛官補

 国民に広く自衛隊に接する機会を設け、自衛隊未経験者を所定の教育終了後に予備自衛官として任用する制度です。

一般予備自衛官補と技能予備自衛官補の2種類があります。

○応募資格
・一般予備自衛官補
  18歳以上34歳未満

・技能予備自衛官補
  国家資格の技能保有者で18歳以上53〜55歳未満 

教育訓練
一般予備自衛官補・・・3年以内に50日間の教育訓練(5日間×10回)

技能予備自衛官補・・・2年以内に10日間の教育訓練(5日間×2回)

訓練場所
陸上自衛隊大津駐屯地(滋賀県大津市)

手  当
教育訓練招集手当・・・日額7,900円(年額48,000円)

お問い合わせ先
〒910-0019
福井県福井市春山1丁目1−54
福井春山合同庁舎10階
TEL:0776-23-1910
担当者:募集課募集班

バナースペース

自衛隊福井地方協力本部

〒910-0019
福井県福井市春山1丁目1−54
福井春山合同庁舎10階
TEL 0776-23-1910
FAX 0776-23-1904

hq1-fukui@pco.mod.go.jp

yobiji_5days.htmlへのリンク