文字の大きさ

◆ 本部長挨拶



<プロフィール> 
階級/氏名 1等空佐 今福 博文(いまふく ひろふみ) 
出身地  静岡県浜松市 
出身校  日本大学理工学部 土木工学科
防衛大学校 理工学研究科 土質工学専攻 
入隊期別 一般幹部候補生 第78期(統一期第88期) 
主要経歴  昭和63年 3月 入隊
平成17年 8月 第2高射群第8高射隊長 兼高良台分屯基地司令(高良台)
平成23年12月 空幕技術部技術課技術調整官 兼計画班長(市ヶ谷)
平成25年 8月 第4航空団基地業務群司令(松島)
平成27年10月 空幕装備計画部技術支援室長(市ヶ谷)
 
 皆様、こんにちは
 如何お過ごしですか。
 新年度を迎え、新たな目標に向かってガンバルゾ!

 先月は、航空自衛隊北部航空音楽隊の定期演奏会が、初めて秋田県で実施され、北部航空音楽隊の29年度の集大成を身体で感じさせていただきました。本格的な吹奏楽演奏だけでなく、航空自衛隊加茂分屯基地の“なまはげ太鼓”とのコラボレーションやアンコールでの秋田県民歌、全てが最高でした。聴衆の皆様も平成29年度を幸せな気分で終えることが出来たと思います。加えて、北部航空音楽隊長の絶妙なトークで秋田県民は、感動の渦に入ったことと思います。 また、陸上自衛隊第9音楽隊長と隊員数名が、自らの意思でこの演奏会の研修に来られており、今年度は秋田県で実施される各自衛隊の音楽隊の演奏が注目されます。秋田県の皆様、どうかお楽しみに。  
 平成30年度(平成30年4月~)の計画の詳細を現在、策定中です。平成30年度は、29年度に増して更に、皆様に親しんでいただける自衛隊を理解していただける様、各種行事等の実施に取り組んでいく所存です。平成30年度の各種広報展、音楽演奏会等をお楽しみに。  

 音楽には、病気等の治癒の一助となる力があると考えられています。音楽療法士という職業も存在いたします。私達は、音楽のそういった大きな力を自然に肌で感じていることであり、その結果、自然と誰もが、音楽に安らぎを感じるのではないでしょうか。自衛隊は、装備品等を活用する以外に、こういった心の面においても力を発揮しております。どうか自衛隊の活動に対しまして、ご理解をいただければと考えます。

 この冬は、ご存知のとおり、大雪でした。大雪の後の春は、山菜が豊富に収穫できると伺っております。山菜の宝庫である秋田県ですから、おいしい山菜をたくさん食べたいと思いますが、シュウ酸カルシウムの結晶化には気をつけたいと考えます。      

 心機一転、気持ちの良い春にあたり、新しい前向きな気持ちで進んでいきたいと考えます。どうか、今年度も防衛省・自衛隊に対しますご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

平成30年4月    1等空佐 今福 博文