防大タイムズNo.196

2017年12月12日

 掲載内容一覧
・第65回開校記念祭開催
創立65周年シンポジウム開催
平成29年秋の叙勲
平成29年度第2回ゴミ拾いボランティア

第65回開校記念祭開催



防衛大学校は、平成29年11月11日及び12日、第65回目となる開校記念祭を開催しました。開校記念祭では、訓練展示、記念式典・観閲式、棒倒しのほか、演劇祭や研究室公開、入試説明会等、様々な催し物が実施されました。また、12日には、山本 ともひろ 防衛副大臣が来校され、記念式典・観閲式に観閲官として参加されたほか、模擬店、棒倒しを視察され、学生や一般の来場者と交流を図られました。来場者数は延べ約1万9千人を数え、開校記念祭は盛況のうちに幕を閉じました。

防衛副大臣訓示
防衛大学校長式辞

創立65周年シンポジウム開催


防衛大学校は、平成29年11月8日、創立65周年シンポジウムを開催しました。政策研究大学院大学長 田中 明彦氏による「東アジアの安全保障」をテーマとした基調講演では、「北朝鮮」、「中国」、「テロ」について講演をいただきました。続いて、國分 良成 防衛大学校長が司会進行を行い、田中 明彦氏、防衛学教育学群長 影浦 誠樹 空将補、グローバルセキュリティセンター長 武田 康裕 教授、国際関係学科 倉田 秀也 教授による「東アジアの安全保障」についてのパネルディスカッションでは、本科学生からの質疑応答も活発に行われ、65周年に相応しい有意義なシンポジウムとなりました。

平成29年秋の叙勲

政府は、平成29年秋の叙勲について10月24日の閣議で受章者を決定し、11月3日に発表しました。全受章者4,103人、防衛大学校関係では、山田 武夫 名誉教授が瑞宝中綬章を受章されました。山本 ともひろ 防衛副大臣による叙勲勲章伝達式は、11月10日、市ヶ谷の防衛省講堂で行われました。

平成29年度第2回ゴミ拾いボランティアを実施

去る11月3日金曜日、文化の日に、有志の防衛大学校の学生223名が起床時間前の6時から、ゴミ拾いボランティアを実施しました。防衛大学校周辺、観音崎公園、京急観音崎ホテル周辺、走水神社、防衛大学校正門から京急馬堀海岸駅まで続く道のり等の環境美化に努めました。防衛大学校の学生は勉学や訓練といった学校側としてのカリキュラム以外に、自主的な発案によって学生自身の手によって運営される活動を数多く実施しています。そのうちの一つがこのゴミ拾いボランティアです。ゴミ拾いボランティアは平成26年度の前期学生隊学生長付であった山本 玲学生の発案によって始まり、毎年2~3回程実施しています。活動中は、多くの住民の方々から感謝や労いの言葉をいただきました。ゴミ拾いボランティアは、本年度は6月に既に実施しており、年明けにも実施する予定です。

防大タイムズ