本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

横須賀地方隊サマーフェスタ2018(H30.8.4)

 平成30年8月4日(土)、横須賀地方隊は、横須賀基地において「横須賀地方隊サマーフェスタ2018」を開催しました。
 早朝から多くの方が来場し、最高気温が35度を超える厳しい暑さの中、来場者は約8千人となり、基地の中はどこも活気と熱気に溢れました。

 艦艇の一般公開では、逸見岸壁において砕氷艦「しらせ」及び潜水艦「せいりゅう」、吉倉桟橋には米艦艇も入港し、岸壁が埋め尽くされるほどの見学者で賑わいました。
 地上展示では、館山にある第21航空群の哨戒ヘリコプター「SH-60K」が展示され、操縦席に座り記念撮影をする姿が多く見られました。
 横須賀警備隊の特別機動船等の体験乗船は、乗船券配布を9時から行いましたが、瞬く間に配布終了となり人気の高さが伺えました。
 毎年大勢の観覧者が集まる横須賀音楽隊の演奏では、真夏の暑さに負けない力強い演奏に、多くの方々から拍手を頂きました。
 募集関連のコーナーでは、記念撮影用模型「こいずも」「ちびしま」を設置しミニ制服を着て親子で写真撮影を楽しんでいました。
 また、中学生以下を対象とした「マリン教室(手旗)」では、初めての手旗をとても上手に、一生懸命チャレンジする子供達の姿が印象的でした。ロープワーク(結索)では、大人の参加が多くみられ、子供以上に真剣になっていました。

 同日、米海軍横須賀基地の「ヨコスカフレンドシップデー」も開催され、海上自衛隊からは試験艦「あすか」が参加し一般公開を行いました。
 夜には「よこすか開国祭」の花火大会が行われ、夜空と海面に色鮮やかな大輪の花を次々に咲かせていました。