本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

よこすかYYのりものフェスタ2018(H30.6.9)

 平成30年6月9日(土)、横須賀地方隊は横須賀市観光協会主催の「よこすかYYのりものフェスタ2018」に協力し、基地開放を行いました。
 艦艇の一般公開では試験艦 「あすか」及び潜水艦「こくりゅう」を、ヘリコプターの地上展示では館山航空基地にある第21航空群の「SH-60K」を公開し、イベントを盛り上げました。
 その他、横須賀音楽隊の演奏、募集関連のコーナーでは海上自衛隊の活動状況の写真・南極の氷・自衛官の階級章・索の結び方の見本などを展示するとともに、撮影スポット「ちびしま」「こいずも」を設置しミニ制服を着て親子で写真撮影を楽しんだりして、海上自衛隊に対する理解を深めて頂くことができました。
 また、小学生以下を対象とした「マリン教室」では、暑さにも負けず初めての手旗の体験に真剣にチャレンジする子供たちの姿が印象的でした。
 9日(土)10日(日)と二日間を予定していましたが、天候に鑑み10日(日)の基地開放は中止としました。しかし、約11,700人という多くの方々に足を運んで頂き、大盛況のうちに幕を閉じることができました。