本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

護衛艦「かが」引渡式・自衛艦旗授与式(H29.3.22)

 平成29年3月22日(水)、ジャパンマリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 磯子工場(横浜市磯子区)において護衛艦「かが」(艦長 遠藤 昭彦 1等海佐)の引渡式が挙行され、自衛艦旗授与式を執行しました。式典では小林 鷹之 防衛大臣政務官より、自衛艦旗を授与され、初代乗組員が乗艦し自衛艦旗を掲揚しました。

 「かが」は、平成24年度計画によるヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」型の2番艦であり、平成25年10月7日に起工、平成27年8月27日に「かが」と命名されて進水、この日、自衛艦旗を授与され就役しました。
 海上自衛隊の護衛艦は、これまで、天象、気象、山岳及び河川の名前から選ばれ、命名されることになっていましたが、「ひゅうが」型以降のヘリコプター搭載型護衛艦は、それまでの護衛艦とは、艦の形が大きく異なることから、新たに「旧国名」から命名されることとなりました。
 「かが」という名前は、北陸道、石川県西部に位置する「加賀の国」に由来するものであり、戦国大名 前田 利家 が治め、「加賀百万石」として有名です。
 「かが」の名前は、海上自衛隊においては初めてですが、昭和3年竣工の 軍艦「加賀」があり、太平洋戦争における各種作戦に従事しました。
 「かが」は呉の第4護衛隊群第4護衛隊に配備されます。

【護衛艦「かが」主要要目】
基準排水量:19,500t 長さ:248.0m 幅:38.0m 喫水:7.1m 速力:約30kt
軸馬力:112,000馬力 主要装備:高性能20mm機関砲×2基 哨戒ヘリ×7機 多用途ヘリ×2機