本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

外国艦艇寄港(観艦式関連)(H27.10.9-18)

 平成27年度自衛隊観艦式参加の為、横須賀基地に外国艦艇が入港しました。

 平成27年10月10日(土)、観音崎での礼砲交換を行い、オーストラリア海軍のフリゲート艦「STUART(スチュアート)」が先頭をきって横須賀に入港、同日、歓迎行事を行うとともに、「海上自衛隊バンドフェスティバル」及び「横須賀パレード」にもカラーガード隊が参加しました。
 平成27年10月14日(水)、同じく観音崎での礼砲交換を行い、フランス海軍のフリゲート艦「VENDEMIAIRE(ヴァンデミエール)」が逸見岸壁に入港、韓国海軍の駆逐艦「DAE JOYOUNG(テ ジョン)」が吉倉桟橋に、インド海軍のフリゲート艦「SAHYADRI(サヒャドリ)」が逸見岸壁に続々と入港、入港歓迎行事を行い、同日夜には、自衛艦隊主催の歓迎レセプションを特務艇「はしだて」で行いました。
 平成27年10月16日(金)、各国海軍の艦艇乗員と海上自衛隊の艦艇乗員でスポーツ交歓会を行い、また夜には参加国主催艦上レセプションが行いました。
 平成27年10月17日(土)、各外国艦艇の一般公開を行い、普段見ることのできない艦艇を興味深そうに見学する人の列が絶えませんでした。
 平成27年10月18日(日)、観艦式本番、海上自衛隊の艦艇とともに横須賀基地を出港し、その勇ましい威容を見せつけるように海の上を走っていきました。
 そして平成27年10月19日(月)、各国の艦艇は次々と横須賀基地を出港しました。

 その他、関連の写真はこちらをクリックしてください。