本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

逸見岸壁完成披露行事(H22.4.15)

 平成22年4月15日(木)横須賀基地に新設された、ヘリポートと一体となった逸見岸壁の完成披露行事(執行者 横須賀地方総監 海将 松岡貞義)が行われました。
 式典に先立ち、第21航空群(群司令 海将補 山本敏弘)のSH-60Kがヘリポートに着陸し、山本群司令が式典に参列、岸壁には今月9日に東京晴海埠頭に初任務を終えて帰国した砕氷艦「しらせ」(艦長 1等海佐 小梅三津男)が初入港艦艇となり、小梅艦長が松岡総監に入港報告を行いました。

 式典は吉田横須賀市長をはじめ自衛艦隊司令官(海将 杉本正彦)他、来賓、自衛隊関係者ら約200人が参列し行われ、松岡総監は「関係者の努力により、念願であった逸見岸壁が完成し、本日披露できることは誠に喜ばしい。逸見岸壁が新たに完成したことにより有事平時を問わず、これにより、自衛艦隊等の艦艇部隊に対する後方支援機能が充実するとともに、災害発生などのいざという時には、横須賀における救援活動の拠点としても活用できることが期待されている。」と挨拶しました。
 引き続き、来賓を代表して吉田横須賀市長が「災害時・緊急時に速やかに対応できる態勢が整ったことは、我が国の防衛はもとより沿岸の自治体すべてにとって非常に心強いこと。」と祝辞を述べ、式典は終了しました。
 強い風と小雨が降りしきる生憎の天候だったが、逸見岸壁では真っ白な岸壁と「しらせ」のオレンジ色の船体が横須賀港に新たな華を咲かせていました。

 完成した逸見岸壁の規模はヘリポートを含めた長さ390m、幅28m(ヘリポート50m×50m岸壁とヘリポートの共有部分有り)、水深11mであり、横須賀地区での大型艦艇に対する係留施設不足の解消、物資の集積や搭載など、後方支援能力の向上が図られました。特に災害派遣時の救援物資の輸送に活躍が期待されています。また、海上自衛隊の保有する全ての艦艇が接岸でき、ヘリポートも現在日本国内に保有する全てのヘリコプターが離発着可能です。