• 歌姫、空手で全自衛隊第2位の快挙!!

     海上自衛隊の歌姫こと、東京音楽隊所属の三宅由佳莉3等海曹が平成30年6月2日、日本武道館で開催された第55回全自衛隊空手道選手権大会、形試合女子個人戦で第2位の栄光に輝きました。


     


     全自衛隊大会に先立ち、5月31日に行われた全海上自衛隊空手道選手権大会、形個人戦女子有段の部で第1位の成績を収め、その数日後に控えた全自衛隊大会に向け総合訓練に参加し、全身に気合をまとって全自衛隊の大舞台に臨んだ三宅3曹。固唾を飲んで結果を待つ中飛び込んできた全自衛隊第2位の報せに、東京音楽隊は大いに沸きました。


     


     三宅3曹は日本大学で空手道部に所属。それまで武道とは全く関係のない世界で生きてきましたが、一気に空手の世界に没入。本人いわく「学生時代は空手しかしていませんでした。」とのこと。東京音楽隊に着任してからは、たった一人で東京音楽隊の奏楽堂で稽古を積んできました。

     さて、そんな三宅3曹が大会に出場するのは9年ぶり。出場を決めたのは3月初旬でしたが、演奏業務の合間を縫って内外での稽古に励んできました。大会では空手での出場以外にも国歌独唱、そして、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ「STAND ALONE」の歌唱で選手たちへエールを送りました。

     

    音楽隊員初の全自衛隊空手道選手権大会出場、そして準優勝の栄誉に輝いた三宅3曹に今後の抱負を聞いてみました。

     「なかなか思うように体が動かず、ブランクを感じながらの試合となりましたが、悔しさを味わえたことはとても良い刺激となりました。これからも体を鍛えつつ、演奏業務にも全力で取り組んでいきたいと思います。みなさん、これからは『三宅選手』の応援もよろしくお願いいたします!(笑)」

     

     音楽以外でも活躍する音楽隊員。今後も隊員の意外な一面をみなさまにお伝えできるよう、さまざまな分野へのチャレンジを続けてまいります!

     


スマホサイトを表示