• はじめての Tokyo Band☆PartⅣ

    Hello!!  いけちゃんです☆

    11月の自衛隊音楽まつりは大盛況のうちに終わりました!

    応援してくださった皆様、ありがとうございました!(^^)

     

    さて、そんな音楽まつりの訓練でいけちゃんが腰を痛めていたころ、11月1日に、練習艦隊の「かしま」と「はるさめ」が帰国しました!!

    練習艦「かしま」に乗艦している練習艦隊音楽隊は、各音楽隊から選出された隊員で編成されており、東京音楽隊からは指揮官を含む5名の隊員が乗艦しておりました。

     

    練習艦「かしま」とは…

    毎年5月から11月、広島県江田島市の幹部候補生学校を卒業したばかりの初任幹部が研修を積むために、訓練をしつつ世界の様々な国・地域を周る遠洋練習航海を行う。各寄港地や艦上での儀じょう・国際親善などのために、音楽隊も小編成で乗艦する。

    航路は年によって異なるが、治安が良くないため一般人が入国することのできない国・地域にも入港することがある。本年はアメリカや、中米、ロシア、韓国などを周った。

     

     

    そんな「かしま」に、いけちゃんの同期である原士長も乗艦し、7か月ぶりに東音へ帰ってきました!

    いけちゃん的★原大輔プロフィール


     

    いけちゃんの同期。基本的に穏やかで優しいが、腹(原)の中では何を考えているかわからない。綺麗好き。

    中学校の吹奏楽部でトランペットを始めたが、紆余曲折を経て、音楽隊ではユーフォニアムを担当。口笛がとても上手だが、海自の敷地内では口笛が禁じられているためその技術を持て余している。大学では英文科に所属していたため英語が得意。


    ↑原士長


     

     

    ということで、そんな原士長に遠洋航海でのエピソードをインタビューしてみたいと思います!♪

     

     

    いけちゃん「やあやあ、久しぶり!楽しかった?いけちゃんコラム見た?」

     

    「楽しかったよ!コラムも見てたよ(笑)まさか自分がインタビューされるとは思わなかったけど…」

     

    「見てくれてありがとう~!!さっそくインタビューなんだけど、

    音楽隊は航海中に、艦の中で何をしているの?★ やることあるの?(怪訝な顔)」

     

    「もちろんあるよ!」

     

    「失礼しました…」

     

    「昼食と夕食にシャリ番(食卓番)という仕事があったよ。音楽隊以外の海士と音楽隊員で、合わせて6人ほどで作業をするんだ。みんなより早く食堂に行って、配膳の準備と食事を済ませたら、約200人分の食器を洗うんだ。

    毎日ではないけど、朝から合奏をしたあと、すぐにシャリ番に行かなきゃいけないときもあって、そんな日の夜はぐっすり眠れる(笑)」

     

    「うわ~たった6人で200人分も!?大変だ!」

     

    「午後は実習幹部の訓練があることが多くて音が出せなくなるから、音楽隊はひっそりと譜読みや編曲、事務作業をやっていたよ。個人的には演奏会で使う司会の原稿の英訳などもしたよ。」

     

    「すごいなー!さすが英文科!」

     

    「航海中に合奏訓練をしていると、かなり揺れる海域もあるから、みんなでゆらゆらしながら吹いたよ(笑)

    譜面台や、机に置いてある飲み物も、そのまま置いているとスーッと移動しちゃうので、足やら何やらで固定させながら…」

     

    「揺れながら合奏なんて、なんだか楽しげな光景だね(笑)」

     

    「真剣に合奏してるんだけどね(笑)」

     

     

    「★どんなところで演奏したの?★

     

    「艦上ではレセプションや式典がある度に演奏したし、寄港地ではホールでも演奏したんだ。海外のお客さんはとっても反応がダイレクトで、毎回盛り上がったよ!スタンディングオベーションしてくださったり、歓声もすごかった。音楽隊の前に出てきて踊りだす方もいらして、何もかもが新鮮だった。」


     

     

     


     

    「Oh!!それは演奏している方も嬉しくなるね!!!」

     

    「何度かソロも演奏させてもらえて、とても貴重な経験になったよ!あと、艦の中でもイベントがあるんだ。生オケ大会とか…」

     

    「ナマオケ大会?」

     

    「そう。カラ(空)オケじゃなくて、生オケ。音楽隊以外の隊員が歌を歌って、音楽隊が伴奏をするイベントだよ。事前のリハーサルで調性(音の高さ)や曲の長さを確認して、そのための編曲も音楽隊がするんだ。」

     

    「え!艦の中でそんなイベントがあるんだね!!楽しそう!」

     

    「長い航海だから、リラックスできるイベントがあると楽しいよね。隊員同士の仲も深まるし!」

     

    「へぇ~、寄港地で演奏するだけじゃなくて、乗艦している隊員のためにも演奏するんだね。

     

     

    「なんだか楽しい話ばかり聞いてしまったけど、★航海中に辛いことはあった?★

     

    「今となってはいい経験だけど、入港したら次の航海のための食料や生活用品を積み込む〈生糧品搭載〉という作業があるんだ。ものすごくたくさんの食料を倉庫まで運ぶのはとても大変だった。でも、普段は関わらない隊員とお話もできるし、何よりいい筋トレになったかな(笑)」

     

    「さすがです…(鍛えられた筋肉を見て)」

     

     

    「★どの国が印象に残ってる?★

     

    「バルパライソは綺麗だったなぁ…」

     

    「ばるぱらいそ?」

     

    「魔女の宅急便のモデルになった場所。」

     

    「素敵!!!!!」

     

    「あとは、バンクーバー。五輪の聖火台を生で見られてとても感動したよ。それからどの国も食べ物とお酒がおいしかった!」

     

     

    ★日本に帰ってきて最初にしたことは?★

     

    「口座の残高確認ですかね。」

     

    「堅実だね………」

     

    「自衛官ですから!(ドヤ) また遠洋航海に行きたいなぁ…」

     

    「お金貯まるから?」

     

    「いやいや…とっても楽しいからだよ!(目をそらしながら)」

     

    というわけで、HARA士長でした♪(ぱちぱちぱち!)

     

    海外や艦上での演奏、かっこいいですねぇ~~

    私もいつか行ってみたいです!(‐ω‐)

    そして半年にも及ぶ遠洋航海に参加されたみなさま、お疲れさまでした!

    しっかり休んでくださいね(^^)

     

     

    By池田士長

    前回の記事は☆こちら☆

スマホサイトを表示