• 防衛大臣視察

     

    9月12日、小野寺 五典防衛大臣が東京音楽隊を視察されました。

     防衛大臣の視察を受けるということは自衛官にとって大変な名誉であり、防衛大臣直轄部隊である東京音楽隊にとっては喜びもひとしお。準備にも力が入ります。

     

     車に乗って到着された防衛大臣を、総員で出迎えしました。 

    大臣の後ろには、防衛大臣旗を掲げた旗手が続きます。

     今回はユーフォニアム・青山3曹がその栄誉に預かりました。

     

     

     活動報告と構内視察を経て、私たちの主任務である音楽演奏も視察していただきました。

     小野寺大臣の地元である宮城県ゆかりの作品を中心に、5曲を演奏。

    仙台市の風景を歌った名曲「青葉城恋唄」を口ずさんでいらっしゃる場面も

    見られました。

     

     

    視察の締めくくりとして、小野寺大臣からの訓示をいただきました。

    日ごろの活動へのねぎらいと、音楽隊の存在意義についてお話しいただき、

    私たちは背筋がすっと伸びるような心持がいたしました。

     


     

    以下に全文を掲載させていただきます。
    (クリックで拡大)

    小野寺大臣の滞在は僅かな時間でしたが、東京音楽隊員の士気が著しく高まる時間となりました。

スマホサイトを表示