• 行進曲「軍艦」について

     


    「海軍儀制曲総譜」より

    一部機器では再生できない場合がございます。

     

    軍   艦

    作詞  鳥山    

    作曲  瀬戸口藤吉

      (まも)るも()むるも鋼鐵(くろがね)の          (うか)べる(しろ)ぞたのみなる

    (うか)べるその(しろ)()(もと)の          ()(くに)四方(よも)(まも)るべし

    まがねのその(ふね)()(もと)に        (あだ)なす(くに)()めよかし

      いはきの(けぶ)(り )わたつみの        (たつ)かとばかり(なび)くなり

    ()()うつひびきは(いかづち)の        (こゑ)かとばかりどよむなり

    (ばん)()()(たう)をのりこえて        ()(くに)のひかり輝か(かがや )

     

     

    海行かば

                    大 伴 氏 言 立

                    作曲 東儀季芳

    (うみ)()かばみづくかばね          (やま)()かば(くさ)むすかばね

    大君(おほぎみ)()にこそ()なめ          のどには()なじ

     

    〔注:行進曲「軍艦」のトリオ(中間部)に挿入されている歌詞〕

     

     

    日本国内においてのみですが、「世界三大行進曲」「世界の名曲」と言われている行進曲「軍艦」を〝日本人なら誰でも知っている!〟と言っても間違いないでしょう。しかし、意外と正確なことは知られていませんでした。

    「軍艦」には、行進曲「軍艦」、「軍艦行進曲」、「軍艦マーチ」と三種類の題名が使われています。海軍軍楽隊の演奏会のプログラム、レコードには、行進曲「軍艦」が圧倒的に多いことから、これが正式名称と言えましょう。一般的には「軍艦マーチ」で親しまれているようです。海上自衛隊儀礼曲では、制定時から「軍艦行進曲」となっていました。

    「軍艦」を英語表記で「Warship」としているものもありますが、帝国海軍では一貫して「Man-of-war」を使っていました。この単語は、かなりの英語の達人でも知らない古語のようです。

  • 続きはこちら

スマホサイトを表示