• プロフィール

     東京音楽隊は、海上保安庁音楽隊を前身とし、1952年海上警備隊音楽隊として発足しました。保安庁警備隊音楽隊、海上自衛隊音楽隊と名称を変え、1956年に現在の名称となり、海上自衛隊を代表する防衛大臣直轄の音楽隊として「隊員の士気高揚のための演奏」、「儀式、式典における演奏」、「広報演奏」を任務とし、日本国内にとどまらず、幅広い演奏活動を行っています。
     今上天皇陛下即位の礼、皇太子殿下ご成婚パレードをはじめ、オリンピック、世界陸上競技会、万国博覧会等の国家的な行事に参加しており、“天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典”(2009年)では奉祝演奏を行いました。
      また、ロシア海軍300周年記念行事(1996年)、大韓民国国際観艦式世界音楽祭(1998年)、ノルウェー・ミリタリー・タトゥー2014、バーゼル・タトゥー2016(スイス)等に招待され参加したほか、海上自衛隊が毎年実施している遠洋練習航海に隊員を派出し、世界各地の港を中心に音楽を通じての国際親善に貢献しています。
     国内では定期・定例演奏会をはじめ、全国各地でのコンサート、世界吹奏楽大会、日本吹奏楽指導者クリニック、21世紀の吹奏楽“響宴”等への出演に加え、CD録音にも積極的に取り組んでいます。2013年8月にリリースされた「祈り~未来への歌声」が、第55回日本レコード大賞企画賞、第28回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー、第6回CDショップ大賞クラシック賞を受賞。2018年1月、米国ジョン・フィリップ・スーザ財団より、世界の優秀な軍楽隊コンサートバンドに贈られるもっとも名誉ある賞「ジョージ・ハワード大佐顕彰」(スーザ賞)を受賞しました。



  • About MSDF Band, Tokyo

     The Maritime Self-defense Force (MSDF) Band, Tokyo started as the Music Band of Maritime Safety Agency (the precursor of the Japan Coast Guard) in 1952. As Maritime Safety Agency had been reorganized, the band changed its name as Music Band of National Safety Agency, then Maritime Self-Defense Force Band in 1956. The mission of the MSDF Band Tokyo includes to boost MSDF morale, to provide ceremonial music at events and ceremonies, and to promote public relations. The band plays in a wide variety of official events at home and abroad, such as the Enthronement Ceremony of the current Emperor, the Wedding Parade of His Imperial Highness the Crown Prince Naruhito and Her Imperial Highness the Crown Princess Masako, the Olympic Games, the World Athletics Championships, an International Expositions and the Commemoration Ceremony of the Twentieth Anniversary of His Majesty the Emperor’s Accession to the Throne in 2009. The Band is also invited to many international events and festivals, to name a few, the 300th anniversary of the Russian Navy in Vladivostok (1996), the International Fleet Review of Republic of Korea in Busan (1998), Norwegian Military Tattoo in Oslo (2014) and Basel tattoo in Switzerland (2016). The MSDF Band Tokyo sends players for the Training Squadron Band, which on board ship for the annual Overseas Training Cruise. They performs at ports of visit and contributes to international goodwill promotion. Domestically the band participates in several events, which includes the International Band Festival, the Japan Band Clinic for wind brass instructors, and the event called -- Kyo-en -- the Prosperous Future for Bands into the 21th Century. The band also proactively records its performances on CDs. “A Prayer”, the CD released in August, 2013 won “the Planning Award at the 55th Japan Record Awards”, “the Classical Music Album of the Year at the 28th Japan Gold Disc Awards” and “the Classical Music Award at the 6th CD Shop Awards”. In January 2018 MSDF Music Band Tokyo won the Colonel George S. Howard Citation of Musical Excellence for Military Concert Bands from the John Philip Sousa Foundation. The Howard Citation is the most prestigious award given to the military concert bands in the United States and other foreign countries.



  • 沿革

    1951年(昭和26年)1月
    海上保安庁音楽隊が36名編成で発足

    1952年(昭和27年)7月
    海上警備隊音楽隊が発足

    1952年(昭和27年)8月
    警備隊音楽隊と改名

    1954年(昭和29年)7月
    海上自衛隊音楽隊と改名

    1956年(昭和31年)6月
    防衛庁長官直轄部隊として東京音楽隊が正式に編成

    2007年(平成19年)1月
    防衛省への移行に伴い、防衛大臣直轄部隊へ変更