本文へスキップ

関門の防人 海上自衛隊 下関基地隊

電話でのお問い合わせは0832-86-2323

〒759-6592 山口県下関市永田本町4−8−1

下関基地隊司令 挨拶privacy policy

 海上自衛隊下関基地隊のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
下関基地隊は、海軍の伝統を継承する歴史ある部隊であり、終戦後は航路啓開を主任務として活動してまいりました。
 大東亜戦争中、米国戦略爆撃機(B−29)は、日本の沿岸海域に約11,000個の機雷を敷設しましたが、その内、
5千個近くの機雷が関門周辺海域に投下・敷設されました。戦後、これらの機雷を除去し、海上交通の安全を
確保することが、我が国復興上の急務でした。
 下関基地隊は、終戦直後から、機雷を処分する航路啓開業務を文字通り命がけで続けてまいりました。航路啓開業務は
昭和60年で終了しましたが、今に至っても港湾や航路の浚渫作業時には当時の機雷等が発見されており、それら爆発物
の処理作業に従事しております。
   私達は、引き続き海上交通の要衝である関門海峡の防衛・警備の任務を完遂するとともに、災害発生時には速やかに対応
し、市民の皆様のご期待に沿えるよう、部隊の精強性を保ってまいります。不測の事態に対応するためには、地域の行政機関
を始め地元の皆様のご支援、ご協力なくしては、その任務は達成できません。地域の皆様と共に歩む組織であるべく、誠実に、
また着実に努力してまいる所存です。

 今後とも益々のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

下関基地隊司令 
 1等海佐 柏原 正俊
主な職歴
       防衛大学校28期(59.3卒)

     15.3   護衛艦「ゆうぐも」艦長
     16.8   舞鶴地方総監部総務課長
     19.3   第4護衛隊群首席幕僚
     20.10  護衛艦「くらま」艦長
     21.12  統幕校教育課1教官室教官
     22.12  練習艦「かしま」艦長
     23.12  自衛艦隊司令部
     25.4   開発隊群首席幕僚
     26.8   第2護衛隊司令
     27.12  第1海上補給隊司令
     28.12  現 職