トップページ佐世保史料館(セイルタワー)→佐世保海軍工廠〜佐世保重工業(SSK)

佐世保地方隊創設60周年記念(帝国海軍施設の変遷)

佐世保海軍工廠〜佐世保重工業(SSK)

 1889(明治22)年、佐世保鎮守府開庁に伴い、軍艦の建造や兵器の製造を所掌する造船部と兵器部が鎮守府内に設置されました。1893(明治26)年、船渠(ドック)の築造工事が始まり、約2年半を費やして第1船渠(石積み)が完成しました。
 1897(明治30)年、佐世保鎮守府造船部は佐世保海軍造船廠に改編され、日清戦争期までに、小口径砲、砲架信管、薬きょう、水雷等も製造できるようになりました。また、船渠も1902(明治35)年までに、第1・第2水雷艇船台、第1・第2船台、第2船渠(コンクリート造り)が完成し、ドイツやイギリスで製造された水雷艇が佐世保で盛んに組み立てられました。
 日露戦争直前の1903(明治36)年、佐世保海軍造船廠は、艦船・兵器の製造修理、購入、実験、検査等を一カ所で迅速に行う必要性から佐世保海軍工廠に改編されました。軍備拡張に伴う軍艦の大型化が図られ、これに対応するために、佐世保海軍工廠においては船渠の築造が更に進み、1905(明治38)年に第3船渠が、1913(大正2)年に第4・第5・第6船渠が相次いで完成しました。また、イギリスのサー・ウィリアム・アロル社で製造された250トンクレーンも竣工し、艦船の修理、艤装等に使用されました(同クレーンは、100年以上が経過した現在でも、艦船の建造、修理等に活躍しています。)。
 1918(大正7)年には、大蛇島、小蛇島、立神崎を埋め立て、1万トン級の軍艦9隻を同時に横付けできる立神係船岸壁が完成し、艦艇建造の技術も急速に確立されました。
 さらに、1941(昭和16)年、佐世保海軍工廠で最大の第7船渠(全長340メートル、幅51メートル)が完成し、この年の7月に同船渠において、戦艦「武蔵」の艤装工事が行われました。
 終戦までに、佐世保海軍工廠で建造された艦船は、軽巡洋艦、駆逐艦、潜水艦など88隻を数え、また、総員数の最も多かった年には、約46,000人(昭和19年)が従事しました。
 終戦により佐世保海軍工廠は閉鎖されましたが、1946(昭和21)年10月、同施設を活用した佐世保船舶工業株式会社(SSK)が創設され、戦後処理としての帝国海軍艦艇の解体作業や復員輸送船の整備等が行われました。1961(昭和36)年、佐世保重工業株式会社に社名が変更され、佐世保海軍工廠から受け継がれた伝統と技術を活かしつつ、新たな時代へと変革を進め、日本を代表する造船企業へと発展しました。

佐世保港海軍用地之図(佐世保市図書館所蔵)
昭和20年 終戦時の佐世保海軍工廠配置図
佐世保海軍工廠の船渠(ドック) 
250トンクレーンで艤装工事中の軽巡洋艦「長良」
第1船渠(現:第5ドック)明治28年竣工
第7船渠の竣工碑(現:第4ドック)昭和16年竣工 
 
第4ドック(旧:第7船渠)で行われた日章丸の進水式(昭和37年7月10日) 
 現在の250トンクレーン(大正2年竣工)
ページトップ