東行庵

東行記念館 東行記念館:高杉晋作の百年祭を記念して昭和41年4月14日に開館した。

東行庵

東行庵
  この地は清水山と称し幕末の頃奇兵隊軍監山縣狂介(有朋)は麓に草庵を建て無隣庵と名付けていた。慶応三年(一八六七)四月、高杉晋作(東行)の遺言により遺骸を奇兵隊の本拠地に近いこの地に葬つた。晋作に仕えていた愛人うの(後に谷梅処)は黒髪を断つて出家したので、山縣は明治二年(一八六九)無隣庵を梅処に贈り欧州に旅立った。
  現在の庵は明治十七年伊藤博文・山縣有朋・井上馨等全国諸名士の寄付により建立されたもので、梅処は明治四十二年にその生涯を閉じるまで東行の菩提を弔った。昭和四十一年東行の百年祭を機に庵の原型をとどめるため大修理を行った。
                                        (掲示板の説明)


高杉晋作像

高杉晋作像
 晋作は、天保10年(1839)萩城下菊屋横丁に生まれ、藩校明倫館や江戸の昌平坂学問所で学ぶ一方、松下村塾で吉田松陰にも師事し頭角をあらわす。

 文久2年(1862)長州藩を代表し幕府の貿易視察団に加わり、翌年奇兵隊を結成した。
 慶応2年(1866)長州に攻め寄せた幕府軍を相手に勝利を収めるが、翌年、結核が悪化し下関で病没した。


高杉晋作の墓

高杉晋作の墓
  高杉晋作(号東行)は天保十年(一八三九)二百石の長州藩士の長男として萩に生まれた。十八歳にして生涯の師吉田松陰の松下村塾に入門したのを転機に稀代の革命戦略家として頭角を現す。文久三年(一八六三)長州藩が外国艦隊と砲火を交えるに及んで奇兵隊を組織し自ら初代総督となる。以後各地に討幕戦を指揮し明治維新のさきがけとなったが慶応三年(一八六七)四月十三日(命日は十四日)下関において結核のためその雷電風雨の如き二十七歳八ヶ月の生涯を閉じた。
  遺言によりここ奇兵隊本拠地吉田清水山に土葬される。
                                     (掲示板の説明)


高杉東行(晋作)顕彰碑

高杉東行(晋作)顕彰碑
 高さ 三、二米   巾 一、五米
 従二位公爵毛利元昭公篆額
 正二位大勲位公爵伊藤博文撰
  この碑は明治四十四年この山上に建てられた同年五月井上馨公によって除幕された。「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し」という名文に始まって東行の残した業績がよく書かれてあり字は明治の三筆といわれた杉孫七郎のものである。
                      (掲示板の説明)


高杉東行(晋作作歌碑)

高杉東行(晋作作歌碑)
  奇兵隊を創設した高杉晋作が慶応元年(一八六五)八月、下関・新地町に日本で最初の招魂社を創建したときに、亡き同志をしのんで詠んだ。
  おくれてもおくれても
      又君たちに誓ひしことを
             あに忘れめや
                            昭和四十八年四月十四日建立
                                       (掲示板の説明)


高杉晋作歌碑 高杉晋作歌碑
平成十三年(二〇〇一)三月十八日建之

面白き こともなき世に おもしろく   晋作
すみなすものは 心なりけり       望東
西へ行く人を慕ひて東行く わが心をば神や知るらむ
吾去れば人も去るかと思ひきに 人びとそなき人の世の中

梅處尼の墓

梅處尼の墓
  高杉晋作の側室おうのは晋作が維新回天の事業に尽くし東奔西走する際もよき伴侶となりある時は幕府の追跡の白刃をもともにくぐったこともあったが晋作没後は、出家して梅處尼と名乗り東行庵初代庵主となった。
  明治四十二年八月七日六十七歳を以って、他界するまで晋作の菩提を弔った。
                                     (掲示板の説明)


白石正一郎の墓

白石正一郎の墓
 下関竹崎で廻船業を営むかたわら、鈴木重胤の門で国学を修めた。文久三年(一八六三)六月、高杉晋作により奇兵隊が結成されるや、物心両面から惜しみない後援を続けたが、その結果一千両もの負債をつくり、家は傾いた。維新後は赤間神宮宮司をつとめ、明治十三年没。
  墓は、昭和四十八年四月に新設された。
                       (掲示板の説明)


奇兵隊及び諸隊士顕彰墓地

奇兵隊及び諸隊士顕彰墓地
  維新戦争で亡くなった長州諸隊士の多くは、十代、二十代の青年だったので子孫もなく墓は無縁仏となり荒れ果てるケースが多かった。
  これを嘆いた東行庵三世谷玉仙羽、昭和四十六年、墓地を開き各地から隊士の墓を集め、供養した。
                                       (掲示板の説明)


聖観音菩薩石像 聖観音菩薩石像
  昭和四十八年に隊士慰霊のために高さ、三メートルの聖観音菩薩石像(鈴木知朗作)が安置された。
                                       (掲示板の説明)

司馬遼太郎文学碑

司馬遼太郎文学碑
  平成八年二月になくなった司馬遼太郎が歴史紀行「街道を行く」の中で長州は、武士と庶民が一丸となって維新を成し遂げたと記している。
 台座は山口県の地図をイメージしている。司馬遼太郎の文学碑は県内初、全国でも三番目。
                       平成十年二月建立
                      (掲示板の説明)


白石正一郎(資風)歌碑

白石正一郎(資風)歌碑
 高杉晋作や奇兵隊を支援した下関竹崎の勤王商人白石正一郎は、多くの和歌を残した歌人でもあった。その中から梅林にちなみ
   白たへににほへる梅の花ゆえに
        あけゆく空もみどりならん     を選び
昭和四十八年六月に除幕された歌碑である。
筆をとったのは郷土史家中原雅夫氏だった。