奇兵隊陣屋跡

奇兵隊陣屋跡   文久三年(一八六三)六月、萩本藩主の命を受けた高杉晋作が馬関に出張し、武士以外の人たちも入隊を許し、奇兵隊を結成した。
 奇兵隊は翌、元治元年、米英仏蘭、四ヶ国連合艦隊を前田砲台などに迎撃し、勇気をもって戦ったが新兵器を有する連合軍に敗退した。
 同年十二月、高杉晋作の挙兵後、美東町、大田絵堂の内訌戦に勝利を得たのち、慶応元年四月に奇兵隊は吉田に転陣、慶応三年八月に兵舎、稽古場、講堂などを配した陣屋をこの地に築き移った。
 陣屋では、きびしい規律に従い四百人の志士が毎朝六時起床、八時まで講堂で漢字を学び、九時から調練の日課で、外出は隔日に五人一組で吉田地区内の散策のみが許された。
                                下 関 市

(掲示板の説明)

奇兵隊陣屋跡
奇兵隊陣屋跡