高杉晋作終焉の地

(写真をクリックすると拡大されます。)

高杉晋作終焉の地

高杉晋作終焉の地
 高杉晋作(号・東行)は天保十年(一八三九)八月二十日、萩藩士高杉小忠太の嫡男として萩城下に生まれ、萩校明倫館に学ぶ傍ら、松下村塾で吉田松陰に師事し尊攘思想を養いました。
 文久三年(一八六三)六月、攘夷の決行で外国艦に砲撃された下関を防備するため来関し、直ちに奇兵隊を結成しました。奇兵隊は「志」があれば庶民でも入隊を許した画期的な軍隊でした。元治元年(一八六四)八月、下関戦争の戦後処理にあたり、また、同年十二月には長府功山寺で挙兵して藩論を討幕へと導きました。
 慶応二年(一八六六)六月からの四境戦争(第二次長州征伐)では、奇兵隊などの諸隊を率いて幕府軍を小倉口で撃退しましたが、既に病に冒されており、慶応三年四月十四日、新地の庄屋林算九郎邸の離屋があったこの地で没しました。二十七年と八月の短い生涯でした。
 なお、遺骸は奇兵隊陣屋近くの吉田清水山に埋葬されました。
                 (掲示板の説明)