高杉晋作終焉の地

(写真をクリックすると拡大されます。)

高杉晋作療養之地 高杉晋作は小倉戦争で、長州軍を指揮して幕府軍と戦いましたが、この戦いで持病の結核が悪化し、桜山神社の近くに小さな家を建て、ここで療養生活に入りました。
           (掲示板の説明)