高杉晋作終焉の地

(写真をクリックすると拡大されます。)

引接寺

下関市指定文化財
引接寺三門
      昭和五十八年五月二十六日指定

 引接寺は、浄土宗寺院で当初門司区にあったが、下関の亀山神社に移転したので山号を関亀山と称した。永禄三年(一五六〇)に忠誉一徳栄林上人がこの地に建立した。
 その後、慶長三年(一五九八)小早川隆景公の遺言により縁族藤堂佐渡守が大施主となり、隆景公の菩提寺として再興し面目を一新した。
 現在は当時の建物は消失して残っていないが、本堂の花崗岩の石積基壇の形式から考えると中国風の影響が強い寺院建築であったと思われる。
 この三門は、明和六年(一七六九)毛利匡満により再建されたものであるが、花崗岩四半敷の基壇は、慶長再建のままであると考えられる。従って、雄大な規模の四脚門や、両側に脇門をつけた珍しい形式も慶長再建の三門の形式を受け継いだ物と考えられる。また、門の内部をニ手先の組物を使い「竜を彫り込んだ」鏡天井とした例も希少で江戸後期の建築としては意匠的にも大変優れた三門である。
  平成十ニ年七月
     下関市教育委員会
                      (掲示版説明)
なお、朝鮮通信使や日清講和会議の全権大使・李鴻章の接待寺でもあった。

鏡天井の龍 鏡天井の龍