(写真をクリックすると拡大されます。)

清末藩邸跡

清末藩邸跡
 長府藩初代藩主であった毛利秀元の二男毛利元知が、その領地の一部を与えられ、長府の支藩として清末藩を始めることを許されました。
 関が原の戦いから約五十年後の承応二年(一六五三)のことです。神田川と木屋川を東西の境として奥に広がる地域で、現在の清末・小月と菊川町の大部分を含んだ石高一万石の領地でした。
 いま国道二号線の沖側に見える広大な農地はその後に干拓されたもので、当時はこの高台のすぐ下まで海が迫っていました。
 清末は藩内では交通の便がよく、中でも後ろは山、前は海、東西を川に囲まれている。この地は、敵に攻められにくいという点で居城に最適の土地であることから、ここに藩邸が築かれていました。
 以来、明治維新に至るまで二百年間、清末は城下町として繁栄を続けてきました。
  平成四年十一月設置
     清末ふるさとまちづくり推進委員会


六角池

六角池
 今から約三百五十年前に清末藩が始まるまでは、旧山陽道から沖合いは海で、今の本町、西町(当時の藤本・道祖上・中原)の住民は自分の家には井戸がなく、大地主の石井氏が井戸を掘り、六角の井側を付けて皆に水を汲ませてあげていました。場所は本町の西堤の低いところでした。
 清水が無限に湧く石井の池は、六角池と呼ばれていました。清末の清はこの池の清い水が起源とも言われています。昭和三十年ごろ通学路を作る時に埋められましたが、井側だけが記念として小学校に保存されていました。
 今回それをここに移設したものです。
         平成十一年三月
     清末ふるさとまちづくり推進委員会
(掲示板の説明)


清末内藤家表門付練塀及び門前石段

下関市指定文化財(有形文化財)
清末内藤家表門付練塀及び門前石段

指定年月日 昭和56年2月18日
 この門は江戸時代後期の創建と伝えられ、藩政時代から清末の内藤家表門として使用されている。
 内藤家は、毛利元知が、長府藩より清末を分知された際、三百石を給され清末藩家老職を代々勤めている。屋敷は承応三年に藩主から賜ったもので、広大な屋敷を構えていたが、焼失し、藩政時代の面影を残すものはこの表門だけとなった。
 門は、一対の角柱上に冠木を置き、内側に控柱を立てた薬医門形式、軒は一軒疎棰、屋根は切妻桟瓦葺になっている。
 門前の緩やかな石段と二重の石垣を配した土塀(今は無い)や、門内の庭から玄関に続く練塀など、小藩の家老屋敷の風格を今に伝える貴重な文化財である。
      下関市教育委員会
            (掲示板の説明)