乃木神社
(写真をクリックすると拡大されます。)

長府毛利邸  長府毛利邸は、長府毛利家14代当主の毛利元敏公が東京から下関に帰住し、この地を選んで建てた邸宅。明治31年(1898)に起工し、明治36年(1903)に完成、大正8年(1919)まで長府毛利家の邸宅として使用された。
 その間、明治35年11月には、明治天皇が熊本で行われた陸軍大演習をご視察の際、毛利邸にご宿泊された。
長府毛利邸 長府毛利邸 長府毛利邸