乃木神社
(写真をクリックすると拡大されます。)

旧松岡家長家門

旧松岡家長家門
 江戸時代に長府藩医を努めた松岡家の長家門で、江戸時代後期の建築と推定されています。城下町長府を象徴する長家門の一つであるため、文化財保護の見地から解体修理を行い、当初の位置から3m後退させて、練堀とともに整備しました。
          (掲示板の説明)