航空学生の年間行事(1年生)

4月

入隊式

毎年約70名の学生が入隊します。防衛省・海上自衛隊の高級幹部が多数出席する凛と張りつめた空気の中、 入隊式が行われます。海上自衛官の任命を受けた後、航空学生としての宣誓を行います。 この日から海上自衛隊航空学生としてのパイロット及び戦術航空士を目指す生活が始まります。


小月航空基地研修


20km行進訓練(東行庵方面)

小月航空基地の周辺を行進訓練します。途中、東行庵等の史跡にも立ち寄ります。


5月

航空自衛隊航空学生との交歓会

航空自衛隊でパイロット(戦闘機パイロット)を目指す航空学生との交換会です。


部隊研修(岩国航空基地)

将来の勤務先の1つである岩国航空基地にある航空部隊の研修です。画像の上の航空機は左が多用機(EP-3)、 中央は救難飛行艇(US-2)、右が多用機U-36Aです。画像下の航空機は左がMCH-101、中央と右が救難飛行艇(US-1A)です。


6月

小隊対抗5km走競技

駆け足が不得意な学生もいますが、入隊時に比べ、格段に持久力が向上します。


フットサル競技会


7月

遠泳訓練(室津海岸)

泳ぎが苦手な学生も訓練で泳げるようになります。クラス全員で遠泳を行います。


8月

小月祭り支援


幕営訓練(室津海岸)

幕営訓練は、日本海に面した室津の海岸でテント生活を送り救命生存法の訓練を受けます。 また、サバイバルを想定して自炊も行います。


9月

体験搭乗(練習機:T-5)

地上教育が終了した後、初めて乗る航空機(練習機T-5)の体験搭乗をします。


10月

昇任伝達


短艇競技

優勝を競う学生たち!女子学生も必死で漕ぎます;。同期の団結を目標の1つとして短艇競技を行います。はじめは息が合わず短艇が進んでいきませんが、練習を重ね櫂の動きが一致して速度が出せるようになります。


登山競技(下関市華山)

山口県下関市豊浦町にある最高峰(標高713m)の華山(げさん)を駆け足で登り競います。


被服寝具点検


11月

部隊研修(呉・江田島研修)

海上自衛隊の幹部候補生教育を担う江田島等の研修を行います。旧海軍の歴史や伝統に直接触れることができます。5年上のパイロットの先輩方々に幹部候補生学校の紹介をしてもらいます。


12月

水泳競技

海上自衛官として水泳は必須です。一般的な水泳競技に加えて、作業服を装着した水泳競技、救命浮舟PK-2(右の画像)を利用した水泳競技など、将来の救命現場を想定した競技などもあります。


1月

史跡研修(萩・津和野方面)

小月航空基地がある山口県及び近県には多くの史跡があります。史跡に触れ、歴史を学ぶことで教養を深めます。


2月

格技(柔道・剣道)競技


3月

航空実習(鹿屋航空基地)

将来搭乗することになるP-3C(固定翼哨戒機)の部隊である鹿屋航空基地の研修です。体験搭乗に加え、 実際勤務している先輩方(主に20代のパイロットの先輩)から様々な話を聞きます。


サブコンテンツ

航空学生の年間行事に関連するページ

海上自衛隊の航空学生の年間行事 航空学生の1日 海上自衛隊パイロットへの道

航空学生の紹介動画、Q&A、採用情報関係

海上自衛隊関連のYouTube動画 パイロットのQ&A パイロットの採用情報

このページの先頭へ