平成30年度遠洋練習航海

遠洋練習航海とは

 海上自衛隊の遠洋練習航海は、(海上自衛隊幹部候補生学校の一般幹部候補生課程を卒業した)初級幹部に対し、外洋航海を通じて、学校等において修得した知識・技能を実地に修得させるとともに、慣海性をかん養し、幹部自衛官として必要な資質を育成するために実施しております。
 また、諸外国を訪問することにより、派遣員の国際感覚のかん養に資するとともに友好親善の増進にも寄与しています。
 昭和32年以降、毎年、実施しており、平成30年度で62回目となります。

平成30年度遠洋練習航海について

期間

平成30年5月21日(月)~10月30日(火)(163日間)

派遣部隊

指揮官 練習艦隊司令官 海将補 泉 博之(いずみ ひろゆき)
艦長 練習艦「かしま」
 1等海佐 金子 純一(かねこ じゅんいち)
護衛艦「まきなみ」
 艦長 2等海佐 大日方 孝行(おびなた たかゆき)
派遣人員 第68期一般幹部候補生課程修了者約190名(うちタイ王国海軍少尉1名)を含む約580名

訪問予定国(10カ国、12寄港地)

総航程 約58,000km

平成30年度遠洋練習航海航路概要(クリックで拡大します)

動画で見る各寄港地での活動

スエズ運河通航~ヘルシンキ出港 H30.7.20 - 8.20

ジャカルタ出港~ジッダ出港 H30.6.8 - 7.17

出国行事~ジャカルタ出港 H30.5.21 - 6.8

写真で見る活動の様子

帰国行事 H30.10.30

洋上訓練

レクリエーション

洋上慰霊祭(ミッドウェー島沖)

ホノルル(アメリカ)入港 H30.10.12 - 10.16

洋上訓練

マンサニージョ(メキシコ)入港 H30.9.29 - 10.2

洋上訓練

パナマ運河通航

洋上訓練

ノーフォーク(米国)入港 H30.9.9 - 9.13

西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)H30.8.28 - 9.9

親善訓練 フランス海軍「SOMME」(A631)

ポーツマス(英国)入港 H30.8.25 - 8.28

NATO加盟国海軍士官(ベルギー、ドイツ、デンマーク、オランダ、英国、米国)に対する乗艦研修 H30.8.20 - 8.25

親善訓練 デンマーク海軍艦艇(NATO軍)「ESBERN SNARE」(L17)

親善訓練 フィンランド海軍

ヘルシンキ(フィンランド)入港 H30.8.17 - 8.20

ストックホルム(スウェーデン)入港 H30.8.13 - 8.16

西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)H30.7.31 - 8.13

親善訓練 スペイン海軍「MENDES NUMEZ」(F-104)

親善訓練 NATO カナダ海軍「VILLE DE QUEBEC」(FFGHM332)及びスペイン海軍「CANARIAS」(FFGHM F35)

バルセロナ(スペイン)入港 H30.7.30 - 7.31

洋上訓練・エンスンデー等

洋上訓練等

ジッダ(サウジアラビア)入港 H30.7.14 - 7.17

洋上訓練等

ミナサルマン(バーレーン)入港 H30.6.30 - 7.1

アブダビ(UAE)入港 H30.6.26 - 6.29

術科競技等

フジャイラ(UAE)入港 H30.6.22 - 6.24

洋上訓練

洋上訓練

親善訓練・洋上訓練

ジャカルタ入港 H30.6.4 - 6.8

隊歌訓練 H30.6.2

赤道祭 H30.6.1

洋上訓練の様子

レイテ沖 洋上慰霊祭 H30.5.28

洋上訓練の様子

出国行事 H30.5.21

呉出港 H30.5.1