洋上救難

 海上自衛隊は医療施設が不足している離島などの急患患者を救難機US-2などで緊急輸送しています(急患輸送)。
 なお平成21年度の災害派遣総数599件の内、353件が急患輸送で、南西諸島(沖縄県、鹿児島県)、五島列島(長崎県)、伊豆諸島、小笠原諸島(東京都)など離島への派遣が340件でした。
 他機関の航空機では航続距離が短いなどの理由で対応できない本土から遠く離れた海域で航行している船舶からの急患輸送も行っております。

平成29年8月10日 哨戒機「P-3C」及び救難飛行艇「US-2」による洋上救難・急患輸送

平成23年1月12日 沖縄南東海上における火災漁船の捜索救難に係る災害派遣