海上自衛隊幹部学校

交通案内 | リンク | サイトマップ |  English

HOME / ニュース

 ニュース、お知らせ

 

【APNIC2018 実習】

   APNICの第2週では、先週学んだ計画作成手順の理解を深めるため、架空のシナリオを用いて、大規模災害等の危急の事態に多国籍間で共同対処する際の計画立案の実習が実施されました。
   まず架空のシナリオ及び実習のやり方について説明がされ、その後、参加者は3つのグループに分けられて実習が開始されました。実習では出身国、階級、年齢や宗教などそれぞれの異なった背景で培った知識や経験を活かしつつ、同じ目標に向かって活発な議論が交わされました。また計画作成の段階に応じて教官から指導が行われ、参加者は計画作成手順について理解を深めていきました。
   実習を通じて計画作成手順を習得するとともに、相互理解の上で信頼関係を築くことが大切であることを強く認識することができました。


シナリオ説明等を真剣に聴く参加者




各グループで熱い議論を交わす参加者


学生の議論について適時、指導する米海大の教官