海上自衛隊幹部学校

交通案内 | リンク | サイトマップ | English

HOME / ごあいさつ / 学校長

 ごあいさつ

 海上自衛隊幹部学校ホームページへようこそ!

 

   海上自衛隊幹部学校は、昭和29年(1954年)、神奈川県横須賀市田浦に創設され、昭和31年(1956年)に東京都小平、昭和34年(1959年)に市ヶ谷への移転を経て、平成6年(1994年)以降、現在地・目黒に所在しており、平成26年(2014年)9月1日に、創立60周年を迎えました。

   この間、本校は「アカデミック・フリーダム」「自啓自発の精神」「広い視野に立った柔軟かつ論理的な思考」を基本理念としつつ、海上自衛隊のシンクタンクであるとともに部内教育の最高学府として、真理を追求するための教育・研究にあたってきました。

   教育機関としての本校の任務は、海上自衛隊の上級の部隊指揮官または幕僚としての職務を遂行するために必要な知識及び技能を付与するための教育訓練を行うことです。昭和30年(1955年)に幹部高級課程を、また、昭和31年(1956年)には指揮幕僚課程を開設し、これまでに三千数百名の卒業生を送り出してきました。これらの卒業生は、指揮官、幕僚として海上自衛隊の枢要な配置で活躍しています。

   一方で海上自衛隊のシンクタンクとしての任務は、大部隊の運用等に関する調査研究を行うことです。長期、短期の各種研究をはじめ、海上防衛図演装置を使用し、海上防衛に係る諸事項の検証、上級司令部等の各種計画等の検討、幹部の部隊運用訓練及び学生教育を実施してきました。また、防災や海賊対処活動に関し、関係省庁を交えた図上演習を行うなど、政府レベルでも活用が図られています。

   これから、上記の二つの任務の遂行にあたっては、「知る」行為と「学ぶ」行為を一体化した「知学一致」を念頭に、教育と研究の連動に努めて参ります。

   幹部学校は、海上自衛隊の最高学府です。私は、「愛国心」 「献身」 「誇り」の勤務心情として、帝国海軍以来のよき伝統を継承しつつ、同時に次の60年を見据え、海上自衛隊の将来を担う研究と人材育成に当たる所存です。

   このホームページでは、本校の概要紹介を始め、海洋安全保障にかかる最新の研究や解説などをトピックとして取り上げています。多くの方に御覧いただき、本校に対する御理解を深めていただくとともに、さらなる御意見、御要望を賜れば幸甚です。

 

 

経 歴

海上自衛隊幹部学校長 海将 大塚 海夫(おおつか うみお)

防衛大学校卒 (83幹候)

昭和58年3月
平成9年7月
平成12年8月
平成14年1月
平成16年8月
平成16年9月
平成18年3月
平成19年3月
平成19年12月
平成21年3月
平成21年6月
平成21年12月
平成22年12月
平成23年12月
平成26年8月
平成27年8月

海上自衛隊入隊
2等海佐
とね艦長
1等海佐
海上幕僚監部教育課教育班長
兼 海上幕僚監部教育課個人訓練班長
海上幕僚監部防衛課防衛調整官
第21護衛隊司令
情報本部統合情報部長
海将補
海上自衛隊幹部学校副校長
第2護衛隊群司令
練習艦隊司令官
海上幕僚監部指揮通信情報部長
自衛艦隊司令部幕僚長
海将、海上自衛隊幹部学校長