美ら海の防人


首里城祭・琉球王朝絵巻行列 ★new!

【平成30年10月28日(日)】
 『美ら海の防人』第5航空群では、ボランティア活動の一環として首里城祭・琉球王朝絵巻行列に参加しました。
 琉球王朝絵巻行列は、中国皇帝が派遣した使節団・冊封使約500名を琉球王国高官が音楽隊を率いて首里城まで先導した史実を基に現代風に構成した行列です。
 琉球王国三司官役の中村群司令以下陸海空自衛隊員147名(うち海自48名)の隊員がそれぞれの役になり、役ごとの衣装・小道具を身に着けて総出演者約700名で那覇市の国際通りを練り歩きました。



オーストラリア軍 ランカスター空軍准将来隊 ★new!

【平成30年10月3日(水)】
 『美ら海の防人』第5航空群では、オーストラリア軍統合作戦本部運用部長アンドリュー・ランカスター空軍准将の表敬を受けました。第5航空群の概要及び警戒監視等の任務に関する現状について説明するとともに、アジア太平洋地域における安全保障環境及び今後の協力等について意見交換を行いました。



在沖米海軍艦隊活動司令部 マシューソン大佐来隊

【平成30年9月10日(月)】
 『美ら海の防人』第5航空群では、在沖米海軍艦隊活動司令部 マシューソン大佐の表敬を受けました。



3MEF司令官 エリック・スミス中将来隊

【平成30年9月6日(木)】
 『美ら海の防人』第5航空群では、在沖第3海兵遠征軍司令官 エリック・スミス中将の表敬を受けました。



夏祭りin那覇国際通り 1万人エイサー踊り隊

【平成30年8月5日(日)】
 『美ら海の防人』第5航空群エイサー部32名が、国際通りで行われた「1万人エイサー踊り隊」に参加しました。
 沿道から多数の応援をいただき、日頃の練習の成果をいかんなく発揮することができました。



摩文仁の丘清掃ボランティア

【平成30年6月17日(日)】
 『美ら海の防人』第5航空群では、毎年6月23日の「慰霊の日」を迎えるため、上曹会を中心に隊員及び隊員家族が参加し摩文仁の丘(沖縄県糸満市)の清掃ボランティアを行いました。
 清掃終了後、沖縄戦戦没者に慰霊と追悼の意を表して、献花及び黙祷を行いました。



海軍戦没者慰霊祭

【平成30年5月27日(日)】
 『美ら海の防人』第5航空群は豊見城海軍戦没者慰霊祭にラッパ隊及び儀じょう隊として参加しました。
 慰霊祭では、ラッパ隊吹奏による艦旗掲揚及び黙祷、儀じょう隊による弔銃発射を行い英霊の慰霊を行いました。




最優秀下士官表彰

【平成30年5月19日(土)】
 『美ら海の防人』第5航空群所属の第5整備補給隊 朝倉2曹は、現配置での高い評価はもちろんのこと、部隊相談員基幹員として隊員の精神面のフォローを行う相談員養成講習に講師として参加し、隊員の精神的な安定を維持増進することに尽力するとともに 那覇基地水泳部に所属し体験入隊等の水泳指導員も勤めています。またボランティア活動にも積極的に参加し地域社会に貢献した功績により在沖縄米国海兵隊キャンプバトラー内将校クラブにおいて行われた第47回USOサービスサルート(最優秀下士官表彰)で沖縄勤務の海上自衛隊隊員代表として表彰されました。
 USO(United Servics Organization)とは、1941年米軍兵士及びその家族を支援することを目的として設立された連合奉仕組織です。
 USOサービスサルートとは、過去1年間で職責、自己啓発及び社会奉仕等多方面に著しい成果を修めた隊員を称える伝統ある式典で、沖縄に勤務する隊員の中から米4軍及び陸海空自衛隊から各1名ずつ代表者が選出され7名の隊員が表彰されます。




第5航空群 創立46年

【平成30年5月15日(火)】
『美ら海の防人』第5航空群は、昭和47年5月15日の沖縄本土返還と同時に新編された臨時那覇施設管理隊等を経て現在の第5航空群となり、本日創立46年を迎えました。
 第5航空群がこれまで『美ら海の防人』として着実に発展してまいりましたのも、国民の深いご理解とご支援、諸先輩方のご尽力の賜物であり、深くお礼を申し上げます。
 現在の主な任務は南西諸島周辺の東シナ海の警戒監視であり、その他にも、国際貢献活動として、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処活動の派遣任務を遂行しています。今後も心をひとつにし、与えられた任務を完遂し、国家の平和と安全に寄与するため、専心職務に取り組む所存であります。

「昭和の沖縄」時代に撮影された写真をお楽しみ下さい。


基地のある街 in 那覇

 平成28年10月31日から、基地のある街 in 那覇がYou Tubeで配信開始されました。
 『美ら海の防人』第5航空群の歴史や沖縄のオススメスポットなどが紹介されています、是非ご覧下さい。