幹部候補生学校→ニュース・イベント→部外講師講話

部外講師講話

 各方面でご活躍されている講師の方をお招きし、部外講師講話を実施しています。

29年度のこれまでの実績は以下のとおりです。

防衛大学校名誉教授・現東京国際大学教授 村井 友秀 氏

 9月22日、部外講師として、防衛大学校名誉教授で現東京国際大学教授の村井 友秀氏をお迎えし、「東アジアの戦争と平和」と題して講演を賜りました。

記念写真(拡大写真)


 講師は、防衛大学校で教鞭を執られ、2015年に退官、現在は防衛大学校名誉教授、東京国際大学教授として執筆活動や、テレビ番組への御出演等、多方面にわたり御活躍されています。


 講演では、Balance Of Threat理論など安全保障に関する基本的な理論を、分かり易く説明して頂きました。特に、我が国にとってどのような脅威が潜在しているのか、その脅威に対しどのような準備が必要なのかについて、学生が考える端緒となりました。
 質疑応答の時間では活発な質問がなされ、講師も丁寧に回答いただきました。講話を通じて、学生は我が国が置かれている安全保障環境に関し、整理して理解することができ、今後の学校生活の大きな糧になりました。


 講演終了後は、学校長から記念品を贈呈し、盛大な拍手をもって講演は締めくくられました。



著述家・海上自衛隊幹部学校客員研究員 吉木 誉絵 氏

 6月21日、部外講師として、著述家で海上自衛隊幹部学校客員研究員の吉木 誉絵氏をお迎えし、「古事記を知ることは己を知ること」と題して講演を賜りました。

記念写真(拡大写真)


 講師は、海外経験を経て日本の独自性が「古事記」に書かれていることに気づき、その精神を若い世代に広めるべく神職の資格を取得され、御執筆や御講演、テレビやラジオ番組への御出演等、多方面にわたり御活躍されています。また、昨年7月からは海上自衛隊幹部学校客員研究員として、研究活動をされています。



 候補生は、卒業後に世界各国の海軍士官と渡り合うために、我が国のことを整理して理解することの重要性などを学ぶことができ、以後の学校生活の大きな糧となりました。

 講演では、国際人として活動するためには、日本人としてのアイデンティティを確立することが重要であると示された上で、我が国独自の文化や伝統を学ぶツールとして「古事記」が最適であると、在校生が理解し易い様、具体例を交えて紹介して頂きました。


 講演終了後は、学校長から記念品を贈呈し、盛大な拍手をもって講演は締めくくられました。



28年度のこれまでの実績は、以下のとおりです。

作家・政治史研究家 瀧澤 中 氏

 12月15日、部外講師として、作家・政治史研究家の瀧澤 中氏をお迎えし、「失敗の指導者に学ぶ」と題して講演を賜りました。

記念写真(拡大写真)

 講師は、「幕末大名 失敗の研究」(PHP研究所)、「秋山兄弟 好古と真之」(朝日新聞出版)、「戦国武将の政治力」(祥伝社新書)等、多くの著書をご執筆のほか、全国各地でのご講演等、多岐にわたってご活躍をされています。


 講演では、様々な歴史上の人物の成功・失敗要因の分析、歴史を学ぶうえでの視点、リーダーの資質等について、分かりやすくお話しして頂きました。
 候補生からは、戦国時代の武将の失敗要因等に関する質問があり、親身にお答えいただきました。


最後に記念品を贈呈し、盛大な拍手をもって講演は締めくくられました。



拓殖大学客員教授・作家・ジャーナリスト 惠 隆之介 氏

 6月22日、部外講師として、拓殖大学客員教授・作家・ジャーナリストの惠 隆之介氏をお迎えし、「旧敵英国海軍士官からのメッセージ〜帝国海軍と近代日本〜」と題して御講演を賜りました。

記念写真(拡大写真)

 先生は、昭和57年まで海上自衛官として勤務後、2等海尉で退官され、現在は、様々な評論、執筆活動をされており、「海の武士道」、「沖縄危機と日本有事」等、多数の著書を執筆されているほか、テレビ出演や全国各地でのご講演等、多方面においてご活躍されています。


 講演では、著書「海の武士道」のDVD映像を織り交ぜつつ、旧帝国海軍「いかづち」乗員が英国海軍将兵を救助したエピソード等を分かりやすくお話しして頂きました。  候補生からは、これから幹部自衛官になる上での心構え等に関する質問があり、親身にお答えいただきました。


 最後に記念品を贈呈し、盛大な拍手をもって講演は締めくくられました。



赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所 政策担当官 柴崎 大輔 氏

 10月27日、部外講師として、赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所 政策担当官 柴崎 大輔氏をお迎えし、「紛争下における人道支援〜赤十字国際委員会での活動を中心に〜」と題して講演を賜りました。

記念写真(拡大写真)


 講師は、豊富な海外での勤務経験を経て、現在、赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所にて、国際人道法に基づく人道支援活動等の啓蒙、普及に従事されています。


 講演では、赤十字国際委員会の活動に関するDVD映像を織り交ぜつつ、組織の概要、世界各地での活動状況、軍との関わり等を分かりやすくお話しして頂きました。  候補生からは、現場での活動の困難性や救護業務の調整等に関する多くの質問があり、講師に親身にお答えいただきました。


 最後に学校長から記念品を贈呈し、盛大な拍手をもって講演は締めくくられました。

ページトップ