トップページ→学校紹介→学校長挨拶

学校長挨拶

海上自衛隊幹部候補生学校長
海将補 齋 藤  聡

新年あけましておめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

本校の使命は、「学生に幹部自衛官としての資質を養わせるとともに、初級の幹部自衛官として必要な基礎的知識及び技能を修得させる」ことであります。そのため、自啓自発、自主自律のもとで海に親しみ、海を知り、海上を職場とする自覚を高め、初級幹部自衛官に必要なシーマンシップの基礎を体得させることを重視しています。

これらのことから、歴代の学校長が築き上げてきた教育環境と教育理念を確実に引き継ぎ、「強きリーダーの育成」を指導方針として本校の業務運営と学生指導に当たっています。

また、私は勤務目標に「誠実」を掲げています。軍事組織における目標としては、やや奇異に感じられるかもしれませんが、私は若い頃から勤務目標を掲げる配置に就任した場合には、必ずこの「誠実」を掲げてきました。
自分の仕事に「誠実」に取り組み、「誠実」に持ち場を守ること。
上司や先輩に「誠実」な態度で接すること。
同僚や後輩にも「誠実」に対応すること。

一人一人が「誠実」に勤務すれば、その総和たるものは計り知れない力となり、困難な任務も遂行できるであろう、風通しの良い魅力ある職場にもなるであろうと考えているからです。これらのことを念頭に、本年も引き続き学生指導に当たりたいと思います。

幹部候補生学校は開校してから、江田島へ移転後57年で幕を閉じた海軍兵学校の歴史を超えて、60年という歳月を経ております。良き伝統を継承しつつ、新たな時代にふさわしい幹部自衛官を育てるため「候補生(学生)ファースト」をモットーに幹部候補生教育に精進していく所存です。

どうぞ、皆様方からの引き続きの温かいご支援、ご協力を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページトップ