トップページ→東郷邸

東 郷 邸

 この会識所は、明治34年10月1日に舞鶴鎮守府が開庁され、東郷平八郎中将(当時55歳)が初代司令長官に親補せられ、 明治36年10月19日常備艦隊司令長官になられるまでの2年間にわたり過ごされた官邸で、以来歴代長官の官邸として 大東亜戦争終戦時まで使用されてきた由緒ある邸です。

昭和28年海上自衛隊に移管され、総監部では 旧海軍の遺跡としてこの邸の保守管理に努めています。


      〈官邸の概要〉
    敷地面積 3,100平方メートル
    建築面積  311平方メートル
    木造平屋建 一部洋式



当時から使用されている鬼瓦
(錨マーク入り)

書  斎

和  室

ページトップ