第1航空群司令
海将補 中村 敏弘

季節のご挨拶

 この度は、海上自衛隊鹿屋航空基地のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。また、平素より当基地に対するご理解とご支援に厚く感謝申し上げます。
 顧みれば昭和29年7月、旧海軍ゆかりの地である鹿屋に、海上自衛隊鹿屋航空隊が創設され、以来、海上自衛隊固定翼航空部隊発祥の地として輝かしい伝統を
培い、継承し、今日まで常に我が国、防衛の第一線部隊として発展してまいりましたが、この発展は、地元の方々をはじめとする多くの皆様の深いご理解と温かいご支援、ご協力の賜であります。
 我が国を取り巻く安全保障環境は常に変化しており、近年はこれまで以上に複雑・不安定化の度合いを深め、ある意味危うい状況が続いています。そのような中、我々海上自衛隊には、一層緊張感のある態勢が求められており、鹿屋航空基地も例外ではありません。これからも、周辺海域における常続的な警戒監視を昼夜分かたず確実に実施し、我が国の領土と主権の確保に努めるとともに、不測事態に備える万全の態勢を確立させてまいります。
 これからも皆様に愛され、信頼され、そして何より鹿屋の地に海上自衛隊鹿屋航空基地があってよかった、地元の誇りである、と思って頂けるよう隊員一丸となって各種任務に取り組んでいく覚悟であるところ、今後とも変わらぬご理解とご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 着任年月日  平成29年3月27日
 前配置  海上幕僚監部 指揮通信情報部 情報課長
 生年月日  昭和40年7月6日
出身地   鹿児島県
 学歴  防衛大学校第32期(機械工学)昭和63年卒
 職種  戦術航空士